CULTURE

環境保護団体がファッションショーの中止を要求

Source: Extinction Rebellion/Instagram

ファッション産業が地球環境に及ぼす影響を糾弾するため、イギリスの環境保護団体がロンドン・コレクション開催の中止を求める抗議デモを実施した。

イギリスで発足し、現在は世界中で活動の場を広げている市民運動『Extinction Rebellion(以下、ER)』は先月10日、国内のファッション産業評議会『British Fashion Council(以下、BFC)』宛にある嘆願書を送付した。

英メディア『Independent』によると、嘆願書には「ファッション産業による労働者・動物・環境の搾取を阻止してください」という主旨の内容があり、2月に開催される2020年秋冬ロンドン・コレクションの中止を要求した。

さらに同書のなかには、彼らの訴えに応えるまで「圧力をかけていく」と明記されていたという。

Source: Extinction Rebellion/Instagram

その後ERは、ロンドン・コレクションが開催される15日にBFC本部の前で抗議デモを実施すると告知。当日は多くのデモ隊が都心に集結し、環境保護の必要性を声高に提唱した。

国際連合環境計画によると、ファッション産業による衣服の染色や薬品処理は、世界中で発生した廃水の約20%を占めているという。さらにファッション産業で生じた炭素排出量は全体の10%と、世界全体の航空便と船便を合わせた量よりも多い。

またファスト・ファッションなど安い衣服の人気が高まり、途上国の貧困層に低賃金で重労働を強いているファッション企業も問題視されている。

関連記事

  1. アジア系がコロナ差別を恐れて銃を大量に購入
  2. トランプ大統領の愛娘、1週間で税金260万円を使用
  3. 42歳男が不倫相手だった妻の姪を銃殺
  4. 卒業条件は10本の植樹? エコな新法が話題に
  5. 「両親がゲイ」を理由に保育園が児童の受入拒否
  6. 通行人に水をかける”ドッキリ”動画が批判…
  7. 雲南省の動物園が「パンダの糞」をお土産として提供
  8. ネオナチ系自警団が”難民対策”として街中…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。