HOT

犬肉・猫肉が違法に?新型コロナウイルス拡大を受け

Source: Animal Hope and Wellness/Instagram

中国南部広東省の都市・深セン市が25日、犬肉や猫肉など野生動物の消費を禁止する法案を作成したと発表した。現地で活動する動物愛護団体や英メディア『Daily Mail』などが報じた。

深セン市の公式サイトに掲載された法案によると、対象となる動物は犬や猫以外にも蛇や蛙、亀が含まれているという。

北京に拠点を置く感染症対策センター『中国疾病預防控制中心』の行った調査によって、新型コロナウイルスの感染源が野生動物を扱う海鮮市場であると判明している。

(下)犬肉市場の現場 ※閲覧注意

View this post on Instagram

This is a dog meat trading spot in Fushun, Liaoning. Video was taken undercover by activists, and is a depiction of what happens everyday in China to dogs in the meat trade. . Many of these dogs are stolen family members. They are killed, stripped of their skin which is used at times in different fur products sold throughout the world. . People are often horrified by the yearly dog meat festival in Yulin China. But these atrocities happen daily throughout the country. And the suffering of these animals, it needs to be seen if we ever hope for it to end . #TheCompassionProject #StopYulin Video credit @nom_aly

A post shared by Animal Hope and Wellness (@animalhopeandwellness) on

同センターの調査結果を受け、中国政府は24日に「野生動物の違法取引および過剰摂取の全面的な禁止」に関する提案を承認した。

一方、深セン市の新法案は「市民の意向次第」で可否を判断すると報じられており、現在は世論調査の結果を待機している状態だ。

同市を含む広東省では、犬肉や猫肉の消費が文化として根付いている。しかし、違法業者が肉の売買目的で他人のペットを盗む事例が頻発し、さらに調理過程が非常に不衛生で残虐であるため、世界中の動物愛護団体から非難声明が出されていた。

そうしたなか、同法案の可決によって残酷な食文化に終止符が打たれるのではないかと、西欧を中心に期待が高まっている。

関連記事

  1. 使用済みコンドームが用水路に大量発生 都内ホテルを摘発
  2. 娘の”キラキラネーム”を揶揄われた母親が反撃に出る
  3. 新しいトランプ大統領の銅像は「排尿用」!?
  4. 11月5日は”赤毛を愛そうの日”? 最も珍しい髪色を称賛する試み…
  5. 【ベトナム】大量の”ビール”を体内に投入された患者が命拾い?医師…
  6. 飼い猫が全身にスプレーを掛けられ3日後に死亡
  7. 店主74歳の誕生日を祝いアイスを無料提供
  8. 私立大学でユダヤ教徒や非白人を狙ったヘイトクライムが横行

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。