CELEBS

アジア系女優が「ハローキティみたいに演じて」と指示される

Source: Instagram

ネットフリックスオリジナル作品『好きだった君へのラブレター(原題:To All The Boys I’ve Loved Before)』で主人公ララ・ジーン役を演じ、その名を世界に轟かせたベトナム系アメリカ人のラナ・コンドル氏(トップ画像)。

彼女は先月、芸能メディア『Variety』のインタビューに応え、同作品のキャスティング担当者から「ハローキティみたいに」演じるよう指示されたという過去を明かした。

「そう言われて私、『え、どういうことですか?』って聞いたの。しかも、ハローキティって口が無いでしょ?だから『声を上げてはいけない、大人しくしていて、ということ?』って答えたの。あの一言で私、すごく傷付けられたわ」

アジア人女性に対する偏見が未だ根強く残る現実に、コンドル氏は不快感を露わにした。

View this post on Instagram

Well. That’s it. I’ve peaked. Listening to your INSPIRING insight and your fantastic sense of humor put me right on my ass. I love you @iamsandraohinsta 😭😩😍

A post shared by @ lanacondor on

一方で、『クレイジー・リッチ!(原題:Crazy Rich Asians)』や『パラサイト 半地下の家族』など、アジア人が主要登場人物の映画が欧米で高い人気を得ている近年の傾向に、コンドル氏もアジア系女優として恩恵を受けていると述べた。

「私達は大きな一歩を踏み出してるわ。今ではスタジオに入ると、前より真面目に対応してくれるようになったの」

コンドル氏は『好きだった君へのラブレター』で韓国系アメリカ人の主人公を演じることで、欧米社会におけるアジア系のイメージや先入観を改善させる一助になれるのは喜ばしいことだと語った。

同時に、メディアを通した意識改革が今後も継続して必要であると訴えている。

関連記事

  1. 赤ん坊にお乳をあげながらランウェイを歩くママモデル!その動機とは…
  2. プロポーズを断られた腹いせ? 女性をテロリストに仕立て上げる
  3. 日々のストレスを発散!「公用サンドバッグ」がニューヨーク市に登場…
  4. 真冬を有効活用した”国際凍結ヘア・コンテストR…
  5. コロナで他界した飼い主を待ち続ける、忠犬シャオバオ
  6. 何種類あるの?カイリー・ジェンナーのヘアスタイル10選
  7. ビーガンの代替肉に対抗?肉屋が「代替野菜」を販売
  8. コロナ患者対応の23歳看護師が勤務後に死亡

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。