CRIME

「神は存在する」離陸後に乗客が暴走 機内はパニックに

Source: American Airlines

乗客の男が突然「神は存在する」と叫び、離陸直後の飛行機が進路の転換を余儀なくされた。

アメリカの航空会社『American Airlines(アメリカン航空)』は先月30日、南東部フロリダ州マイアミから中西部イリノイ州シカゴへ向かう予定だった航空便を、同州にあるジャクソンビル国際空港に引き返した。

イリノイ州の地元メディア『NBC Chicago』によると、「非常に屈強で、明らかな精神異常者もしくは薬物中毒者」という乗客の男性が離陸後、突然操縦室に駆け込み「神は存在する」と叫んだ。スタッフが男を止めようとするも逃走し、他の乗客ら数名によって取り押さえられたという。

その後、同便はジャクソンビル国際空港に着陸し、現地で待機していたFBI職員が男を拘束。容疑者を病院に搬送した後に捜査を開始させるといい、現在も犯行動機など詳細は分かっていない。

アメリカ司法省によると、航空機乗組員に対する恫喝や暴行は重罪として処理され、有罪が確定すれば航空機の利用が生涯禁止となる場合もあるという。

その場にいた乗客の1人は「機内はパニック状態で、目を瞑って祈るポーズをしていた男性もいた」と当時の混沌とした様子を語っている。

午後12時30分頃から待機していた同便は事態の収束後、当日の午後16時に目的地のシカゴに向かって離陸した。

 

 

関連記事

  1. 末期癌の父親が1歳の娘に残した、19通の手紙
  2. 航空学校で中国人留学生が自殺 人種差別が原因か
  3. イスラム系の回族が中国政府のモスク解体計画に猛抗議
  4. スターバックスが難民向けの就職フェアを主催
  5. ラップ歌手カーディ・Bが極右勢力とバトル!?美女同士の口論に釘付…
  6. 「コロナ逆輸入」で外国人嫌悪が広がる
  7. 若者の間で20年間続く漢服ブーム
  8. 子供に「現実とAVの違い」を教育? NZ政府の広告が話題を呼ぶ

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。