FOOD

口コミサイトで酷評した観光客にパブ店主が反論

Source: Gallagher’s Gastro Pub/Instagram

アイルランド南部コーク州にあるパブをネット上で「最低」と評価したイギリス人観光客に対し、店主の女性が辛辣な反論文を記載した。

昨年12月、同州の都市コークの人気店『Gallaghers Gastro Pub』にイギリス北部リバプールから来たという男性数人が来店。

後日、その中の1人が口コミサイト『TripAdvisor(トリップアドバイザー)』に、同店を酷評した口コミを投稿した。

彼はそこで「長時間待たされた」「食べ物もワインも不味い」などと不満を並べ、「特に店前にいる不機嫌そうなおばさんには気を付けてください。彼女と関わらないことを祈ります」と他のユーザーへの注意喚起のようなコメントも残している。

View this post on Instagram

Go team @victorian_quarter_cork WE WON 💪🏼 Cork City Quarter Tug of War. Here’s our Noreen with Mark from @shelbournebarcork with our fabulous, shiny trophy 💪🏼👍🏻👏🏻 #crossthebridge #cork #ireland #victorianquarter #douglasstreetbusinessassociation #corkcity #purecork

A post shared by Gallagher's Gastro Pub (@gallagherspubcork) on

するとその数週間後、クリスマス間近という時に店主のノレーン・ギャノン氏から酷評に対する返信が届いた。

彼女は「その『不機嫌なおばさん』は私のことよ」と明示し、実際に起こったことは全く異なると暴露したのだ。

「担当スタッフの若い女の子は、あなた達が無礼で感じが悪かったと言っていたわよ。暴言を吐かれたとも言っていたけど」

さらに、ワインが不味いというレビューに対しギャノン氏は、「だったらどうしてワインを3本も頼んだのかしら」と問い詰めた。加えて男性らの1人が店内で嘔吐したことにも触れ、店側に非がないことを訴えた。

そしてギャノン氏は最後に、「サンタさんに鏡が欲しいと頼んで、自分の行いを省みてはどうでしょうか」と皮肉交じりにメッセージを締め括った。

現在、酷評レビューは削除されており、同サイトにおけるGallaghers Gastro Pubの評判は5段階中4.5という圧倒的な高評価を維持している。

関連記事

  1. 防弾少年団、「過激なファンが怖い」と告白
  2. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈
  3. アジア系女優が「ハローキティみたいに演じて」と指示される
  4. 先住民の行進を白人高校生らが嘲笑う?
  5. 【フィリピン】女性が警備員の彼氏に突然プロポーズ!?
  6. 真冬を有効活用した”国際凍結ヘア・コンテストR…
  7. 「テンションの低い返信」はNG?ネット上で大論争
  8. コロナ救済金を出し惜しみ、戦車は大量購入? 政府に批判殺到

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。