CULTURE

中国系とインド系の新婚夫婦、結婚式は2つの文化を融合

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

中国系シンガポール人の新郎とインド系マレーシア人の新婦が、両文化を取り入れた結婚式を挙げて注目を集めている。

ニュージーランドにあるマッセー大学の獣医学生として出会った2人は、昨年12月にマレーシアで式を挙げた。シンガポールの英字メディア『Mothership』によると、当初は婚姻届の提出のみで結婚式の予定はなかったが、双方の両親からの強い要望を受けて挙式を決意したという。

そして規模は小さく抑えながらも、インド式と中国式の結婚式を2日かけて執り行う計画を立てたのだ。

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

初日は首都クアラルンプールにあるヒンドゥー寺院で、インド式の結婚式を開催。豪華な衣装を身に纏った2人は『ジャイ・マラ(花輪の交換)』などの伝統儀式を行った。

そして翌日、今度は中国式の結婚式が挙げられた。親族や友人から紅包に入ったご祝儀を貰い、相手の親族にお茶を捧げて新しい家族を迎え入れる『敬茶の儀』も執り行われた。

さらにグルサミーさんの着用した赤いチャイナドレスは、インドの民族衣装サリーから作られたものだという。

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

新婦のパスマ・グルサミーさんは、当時の様子をFacebookグループ『Subtle Asian Traits』にシェアした。すると、同投稿には3万件以上のリアクションに2000件以上のコメントが寄せられ、両文化を融合させた挙式は大きな反響を呼んだ。

グルサミーさんは同投稿で、「みなさんの国際結婚の写真を見て素敵だなと思って、私も自分の結婚式をシェアしたい気持ちになりました」と語り、2人の文化を尊重しお互いに受け入れることの喜びを綴っている。

関連記事

  1. 男がブラックフェイスで出廷「俺を黒人みたいに扱いやがって」
  2. キム・カーダシアン、3人目の子供は代理出産?
  3. 「中国文化を侮辱している」 バレンシアガ、中国で再び炎上
  4. 3Dプリンタで作れる、格安ビーガンステーキとは?
  5. 人気歌手デミ・ロヴァートが薬物乱用で意識不明の重体
  6. 人気ブロガーがグレタ・トゥンベリさんを「痛い」と罵倒
  7. 同性愛者が2020年大統領選に出馬声明 夫とのキスも披露
  8. 新型コロナに感染か 老夫婦が最期の面会

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。