CULTURE

「海に感謝しろよ」人気DJがバリ島ビーチでゴミ拾い

Source: Peggy Gou/Instagram

世界的な人気を誇る韓国出身のDJペギー・ゴウ(トップ画像)が2日、ビーチに溜まったプラスチックごみのポイ捨てに対する抗議の声を上げ、国内外で大きな注目を集めた。

ゴウは昨年末、複合施設『Desa Potato Head』でのライブパフォーマンスのため、インドネシア屈指のリゾート地バリ島を訪れていた。

年が明け、南部の都市デンパサールにあるビーチで散歩を楽しもうとしていたゴウだが、砂浜にはペットボトルなどのプラスチックゴミが散乱していたのだ。

そして彼女はゴミ袋を持参し、ビーチを汚す人々に対する怒りを露わにした。

 

View this post on Instagram

I went for a walk on the beach with Jonas and we saw so much plastic here. Some of you do not appreciate ocean, TAKE YOUR OWN TRASH AWAY SERIOUSLY 쓰레기 제발 바다에 버리지마

A post shared by Peggy Gou 페기 구 (@peggygou_) on

 

「お前らマザーファッカー共のなかには、海に感謝しない連中がいるんだよ。マジで、自分のゴミくらい拾えって」

ゴウは自分でゴミ拾いをしながら、ポイ捨てへの強い不快感を示した。その時の動画と収集したゴミの写真を自身のインスタグラムにシェアすると、21万件以上のいいね!が寄せられ、彼女の行動に対する称賛の声が続出したのだ。

美しい自然が残されているバリ島では、雨期になると陸地から大量のプラスチックごみが流れ着く。地元住民が毎日ゴミ拾いをしているというが、すぐに新たなゴミの大群が押し寄せるため手に負えないという。

こうしたプラスチックごみを誤嚥した野生動物の死が相次ぎ、生態系に重大な影響を及ぼすとして国際的に問題視されている。

関連記事

  1. セレブ達の仮装パーティが今年も凄い
  2. リクライニングに激怒?男性客が前の席を何度も叩く
  3. 若者の間で20年間続く漢服ブーム
  4. 外国人女性、 「低い英語力」が原因で入国を拒否される?
  5. EU最高裁判所が「家畜の非人道的な屠殺方法」を非難
  6. 外出禁止令を悪用、猛禽類を狙う違法狩猟が多発
  7. 習近平のポスターに墨汁をかけた女性が当局に拘束される
  8. 中華航空の新CMが「旅のリアルを描いている」と話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。