ANIMALS

大量の男性器がビーチに漂着!?謎の生き物の正体とは

Source: Bay Area Magazine

アメリカ・カリフォルニア州のビーチに打ち上げられた大量のある生き物が、「男性器に似ている」として大きな話題を呼んだ。

その生き物というのは、潮間帯の砂浜に数十cmの縦穴を堀って生息する、直径25cmほどの『ユムシ』という動物だ。満潮時は海の中で、干潮時も巣穴に潜って過ごすため普段はユムシの姿を見ることはない。

しかし昨年12月、カリフォルニア州北部を襲った嵐によって波が海中の砂を浜辺に押し寄せ、サンフランシスコ近郊のドレークス・ビーチに無数のユムシが漂着したのだ。

View this post on Instagram

SHOOK 😳 Thousands of these marine worms—called fat innkeeper worms, or “penis fish”—were found on Drake’s Beach last week! These phallic organisms are quite common along the West coast of North America, but they spend their whole lives in U-shaped burrows under the sand, so few beachgoers are aware of their existence. ⛈🌊 A recent storm in Northern California brought strong waves that washed away several feet of sand from the intertidal zone, leaving all these fat innkeeper worms exposed on the surface. 🏖 Next time you go to the beach, just think about the hundreds of 10-inch, pink sausages wiggling around just a few feet under the sand. 🙃 . . Get the full story in our new #AsktheNaturalist with @california_natural_history via link in bio! (📸: Beach photo courtesy David Ford; Worm photo by Kate Montana via iNaturalist)

A post shared by Bay Nature Magazine (@baynaturemagazine) on

 

現地の自然科学情報サイト『Bay Nature Magazine』によると、大量に打ち上げられたユムシは鳥などの捕食生物のエサになったという。

一方で、ユムシ特有の姿ゆえにSNSでは「無数の男性器が浜辺に漂着」と揶揄されて大きな注目を集め、笑いのネタになっているようだ。

ユムシは中国や韓国など一部のアジア圏では食用として販売されており、他にも釣り用のエサとして利用されている。

 

 

関連記事

  1. 経済を支える移民労働者へ物資支援の呼びかけ始まる
  2. ニキビ肌を馬鹿にされたケンダル・ジェンナーが批判をぶった切る!
  3. 新しいトランプ大統領の銅像は「排尿用」!?
  4. 「香港は永遠に中国の一部だ」中国本土のラッパー達が香港政府デモに…
  5. 盗撮行為に対する大規模な抗議デモが実施される
  6. ケイティ・ペリーが少年にキスを強要し物議を醸す!?
  7. 「スペイン語を話すな」男性の無神経な発言に乗客が反撃
  8. 中学校がアジア人蔑視の写真を投稿し非難続出

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。