HOT

飛行機の窓を巡りビジネスクラスの男性客2人が大喧嘩

Source: Passenger Shaming/Instagram

飛行機内や空港内における迷惑客の動画を提供するインスタグラムの人気アカウント『Passenger Shaming』が先月、ある突飛な機内トラブルの映像を公開して注目を集めた。

ビジネスクラスとみられる客席の中で、撮影者の男性が前席の窓を閉めるも無言で直ぐ開け返されてしまう瞬間から動画はスタートする。

撮影者が「すみません、眩しいから窓を閉めてくれませんか」と懇願するも男性客は一切受け入れず、以降「窓の開閉戦争」は何度も続くことになる。

 

View this post on Instagram

All windows were to be open for descent per this airline request, hence why dude in back had his open; not fake. 😳These. Are. Grown. Men. ✈️😂🙏🏼💁🏼‍♀️ • • • #passengershaming #windowwars #instagramaviation #comeflywithme #airlinelife #window #airplaneetiquette #frequentflyer #crewlife #plane #aviation #cabincrew #avgeek #cabincrewlife #flightattendant #flightattendantlife #stewardess #flightattendantproblems #travel #flightattendants #instapassport #aviationgeek #FAlife #airtravel #travelgram #traveltips #pilotlife #frequentflier

A post shared by Passenger Shaming (@passengershaming) on

 

「いい加減にしてくれ。開けたままにしてくれないか」と男性客が訴えるも、撮影者は「お願いですから、閉めてください」と再び窓を閉める。

客室乗務員を呼ぶも争いは治まらず、しびれを切らしたのか座席を倒して撮影者が窓を閉められないようにした。すると撮影者は席を立ち、「お願いですから」と懲りずに同じ事を繰り返したのだ。

撮影者の男性は、「悪いのはどっち?」「あなたならどうする?」と視聴者に問いかけるテロップを挿入しているが、ユーザーの反応は冷ややかだ。

飛行機の離着陸時ではないかと推測した人々からは、「窓は開けるのがマナーだ」という指摘が続出。また、撮影者の座席の窓は開いていたことから「単なる嫌がらせではないのか」という声も出ている。

その後この2人の争いが終結したのかどうかは、現在も定かではない。

関連記事

  1. アメリカ人女性、トランプ大統領が嫌いすぎてイギリス国籍を取得か
  2. 看護師が8歳の男の子に臓器を提供し命を救う
  3. 卵25万個を廃棄、コロナ禍が収束し供給過剰に
  4. 「LGBTと酔っ払いは天国に行けない」キリスト教徒のツイートが大…
  5. セミヌードは「わいせつ画像」? 政府がモデルに警告
  6. ホームレスのためにシャワー室を提供するカップルが話題
  7. アメリカで民族学が高校の必修科目に、人種差別抗議デモが後押し
  8. 「ブス」や「デブ」と言うと犯罪者に?国内の新法に称賛の声

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。