ART

ラテアート世界大会チャンピオンの見事な作品に注目

Source: @irvine_nj/Instagram

韓国の首都ソウルで開催されたラテアート大会『World Latte Art Battle 2019』で、21歳のマレーシア人男性がチャンピオンを勝ち取った。

韓国出身のバリスタと10ポイント差を付けて1位の座に就いたラテアート(画像下)は、3か月かけて基礎を作り、躍動感を出すために細かい箇所まで完璧に拘ったと、バリスタのアーバイン・クエク・シウ・レーさんは話す。

View this post on Instagram

“BEAR N FISH” I would say it’s more perfect with a touch of fresh blue colour. Thank you @00feng for always pushing my art sense to a next level with all his knowledge in graphic, interior and fashion. #nastyjug #wlab2019 #irvine #latteart #barista

A post shared by IRVINE QUEK (@irvine_nast) on

 

中国のコーヒー専門誌『coffee tea & i』によるとレーさんは6年前、「新しい携帯電話を買うために」との理由からバリスタのアルバイトを始め、そこでラテアートの世界に引き込まれていったという。

その1年後、彼はラテアートの道を極めるために高校を中退し、バリスタやラテアート教室の講師として働き続けている。

レーさんは「自分の能力を試すために大会に出場したい」という夢を胸に抱き、「ラテアートの表現は相互作用がなければいけない。僕のラテアートはお客さんに自分のメッセージを明確に伝えられているのか、彼らを楽しませることが出来ているのかを知りたいんだ」と強い信念を語った。

関連記事

  1. 大学教授、映画メリー・ポピンズは「人種差別的である」と指摘?
  2. 通行人に水をかける”ドッキリ”動画が批判…
  3. コロナ差別で傷害容疑の48歳男、薬物過剰摂取で死亡
  4. 冤罪で18年間刑務所生活を強いられた男性の無罪判決が言い渡される…
  5. プロポーズを断られた腹いせ? 女性をテロリストに仕立て上げる
  6. ビーガンの女性客に誤ってチキンバーガーを渡したKFCが謝罪
  7. 都市封鎖でペンギンが自由気ままに道端をお散歩
  8. ゲイ嫌いのペンス副大統領、同性愛者のアイルランド首相を自宅に招く…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。