HOT

友人との口論の末、卵42個を一気食いした男性が死亡

Source: Myriam Zilles/pixabay

インド北部ウッタル・プラデーシュ州ジャウンプル市で、ゆで卵を過剰に摂取した男性が死亡した。

地元警察によると、市内にあるビビガンジュ市場に来ていた男性2人が買い物中に口論となり、男性の1人が「卵50個を一気に食べたら2000ルピー(約3000円)を貰う」という賭けで決着を付けようと提案したという。

友人は賭けに同意し、男性はゆで卵50個を購入。しかし、42個を食べ終わったところで突然意識を失い、病院へ搬送される事態となったのだ。そこで応急処置が施されるも男性の意識は戻らず、数時間後に死亡が確認された。

インド・アジア通信社は、医師は卵の食べ過ぎを死因として挙げていると報じた。医学誌JAMAに寄稿された論文によると、コレステロール値の高い卵は過剰に摂取すると心疾患を引き起こすリスクが高まるという研究結果が出ている。

大食いコンテストや早食い競争は世界各地で行われている人気イベントだが、食道や胃に過度な負担をかけ、胃不全や心臓病、さらに癌を誘発させる危険な行為であるとして栄養士などの専門家から警告が出されている。

関連記事

  1. 「俺を誰だと思っている」 酔った警察官が店員に銃口を向ける
  2. コロナ差別で自警団がアジア系の護衛にあたる
  3. 看護師が8歳の男の子に臓器を提供し命を救う
  4. 「メリークリスマス」が差別用語に? クリスマスを巡り保守派とリベ…
  5. 「最も美しいアメリカ海兵隊」シャノン・イークとは
  6. ナチスのシンボル、鉤十字のマスクを付けた男女に批判続出
  7. セレブ達の仮装パーティが今年も凄い
  8. 気合でコロナを撃退? 看護師の「ハカダンス」に批判殺到

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。