HOT

【イギリス】アパートの窓に巨大な広告が 「光が入らない」とクレーム殺到

Source: alexforhackney/Instagram

イギリスの首都ロンドン北東部ダルストンにある賃貸アパートに、窓を覆うほど巨大なiPhone 11の広告が出現した。影響を受けた居住人からのクレームが相次ぎ、注目を集めている。

移民の街ダルストンの大きな交差点に面した、築150年以上という古いアパート『Crown & Castle』には現在、17部屋に賃貸契約がされている。

しかし、大家が不動産会社『Buckingham Investments LTD』からの広告掲載依頼を居住者の承認なしに受理したため、6部屋が外の景色と自然光を遮断されてしまったのだ。

毎月の家賃10万円という住人の1人であるアフマド・メジュードさんは、イギリスメディア『The Sun』の取材に対し以下のように抗議の声を上げている。

「どういうことなのか大家に話をしたが、嫌なら出ていけと言われたよ」

「誰からも謝罪の言葉がないんだ。光も、太陽も、景色も全てが見えなくなった」

広告がない時の外観 Source: Google Maps

さらにメジュードさんは、同地区役所は事態を把握しているものの「大家はアパートの所有者なので、我々は何も出来ない」と対応を拒絶されたという。

同メディアによると、Buckingham Investment LTDは類似のケースで裁判を起こされた経歴があり、裁判所は違法との判決を下している。その時も、このアパートで広告を掲載していたようだ。

広告掲載のみならず、同アパートは窓枠が腐敗していたりアルコール中毒や薬物中毒の居住者がいるなど、「荒れ果てている状態だ」との指摘も出ている。

関連記事

  1. 【アメリカ】ダウン症の女の子がファッション誌のモデルとして採用さ…
  2. 【シンガポール】結婚式にホームレス25人を招く?新婚夫婦の信念と…
  3. 超人気YouTuberが自殺遺体を撮影した動画を投稿!?ネット上…
  4. 【ドイツ】再生可能エネルギー発電量が石炭を上回る
  5. 【アメリカ】”先住民の行進”をトランプ支…
  6. 【イギリス】おもちゃに性別は関係ない?商品を男女別に分ける風潮に…
  7. 【フランス】マクロン大統領が10代の時に書いたという官能小説が話…
  8. 【中国】20年前に体罰を受けた元生徒が教師に復讐!?

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。