ANIMALS

愛犬の死期を「お気に入りの歌」で見届ける親子の動画が話題に

Source: 开心宠物园

韓国の親子がペットのポメラニアンの死期を、お気に入りだった「おやつの歌」で見届ける動画が話題を呼んでいる。

16年もの間、共に人生を過ごしてきたペットのオケア(Okey)は、心配そうに見つめる男の子に抱えられながら、最期の瞬間を一生懸命耐えているようだった。

オケアが苦しそうに咳き込み、男の子が我慢できずに泣き叫ぶと、母親がオケアのお気に入りだったという「おやつの歌」を歌い始めた。

「美味しいおやつあげるからね」

「オケア、ありがとう。ママはあなたのことを、とっても愛しているからね」

するとオケアは最後の力を振り絞るように、母親の呼び掛けに顔を縦に振って応えたのだ。その後も母親はオケアに語り掛け続け、その度にオケアも反応することをやめなかった。

しかし、動画が始まって3分が経った後、オケアは口を大きく開けて身体を動かし、息を引き取った。男の子は泣き喚き、遂に母親も涙を堪え切れず、動かなくなったオケアを強く握りしめた。動画の最後には、オケアの葬式の写真が映し出され、花に囲まれたオケアの頬にキスをする母親の姿があった。

家族の動画は84万回以上再生されるほど注目を集め、自身のペットの死と重ね合わせる人々や、オケアへの哀悼の意を表する声が多数送られている。

関連記事

  1. トランプ大統領の愛娘、1週間で税金260万円を使用
  2. 末期癌の父親が1歳の娘に残した、19通の手紙
  3. 夫婦が結婚式にライブ配信で出席?新型コロナ対策で
  4. 【クリスマス】今年も聞きたい、クリスマス気分に浸れる曲はこれだ!…
  5. FIFAが性差別撲滅の一環として「美女サポーター」取り締まりに動…
  6. 廃プラスチックが木材の代替品に?ベンチャー企業の挑戦
  7. プロポーズを断られた腹いせ? 女性をテロリストに仕立て上げる
  8. 人種差別による虐め認知件数が過去最大に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。