ART

母親の様々な授乳方法を描写した写真が話題に

Source: Felicia Saunders Photography/Facebook

アメリカ西部ネバダ州ラスベガスを拠点に活動する写真家のフェリシア・サンダース(Felicia Saunders)さんが、多岐に渡る授乳の方法を描写した写真を公開し、話題を呼んでいる。

「母と新生児」というテーマを中心に作品を手掛けるサンダースさんは、8月の『National Breastfeeding Month(=全国母乳哺育月間)』に合わせ、3人の母親の女性達に撮影の協力を依頼した。

そこで彼女は、直接母乳を与える母親、哺乳瓶で授乳する母親、そして経管チューブを使う母親が、微笑みながら子供にお乳をあげる姿を写真に収めたのだ。

サンダースさんは写真の投稿に、「どんな授乳方法でも、あなたは素晴らしいことをしているのよ。授乳を通して育む愛の絆について、あなたのストーリーを聞かせてほしいの」と撮影の協力を呼び掛けた。

また彼女はアメリカメディア『ピープル』の取材に対し、自身が母乳以外で授乳を始めた途端に周囲から批判を受けた経験があったことから、同じ悩みを抱える母親達を勇気付けようとしてこのアイデアを思い付いたと語っている。

「哺乳瓶での授乳に切り替えてから、息子の体重が増えたのよ。母親として満たされた気分になった瞬間だったわ」

3人の母親達の写真は大きな反響を呼び、投稿には「素晴らしい作品だ」「母乳以外だと批判されるから、自信を無くしていた。ありがとう」など様々な称賛の声が届いている。

なかには、チューブなど母乳哺育補助を利用している母親からの感謝の言葉や、自分の授乳方法を話して経験を語り合う人達のコメントも多数見受けられた。

サンダースさんは同誌に、母乳を与えることが困難で別の授乳方法を取る女性達へ、こう思いを綴っている。

「私は女性達に、直接母乳でお乳を与えなくても、そこに子供への愛があれば良いんだってことを伝えたいの。母親と子供にとってベストな方法を取るべきなのよ」

関連記事

  1. 生薬の需要増加でロバの乱獲と密輸が懸念される
  2. ゾウの子供が過労で倒れ込む?「象乗り」に対する批判の声が高まる
  3. クリス・ブラウンが強姦罪で告訴される? 本人は強く否定
  4. コロナ規制緩和でバーガーキングに長蛇の列、警察も出動
  5. ハリー王子の婚約者、メーガン・マークルが王室の慣例を破る!?
  6. シマウマかと思ったら、ロバにペンキを塗っていた!?カイロの動物園…
  7. 上海ヴィクトリア・シークレット・ファッションショーで史上初の転倒…
  8. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。