NEWS

役員報酬を削減して従業員の給料を大幅アップ?その意義とは

Source: Dan Price/Instagram

アメリカ北西部ワシントン州シアトルに拠点を置く決済代行会社『Gravity Payments(以下、GP)』の代表取締役社長ダン・プライス氏(トップ画像中央)が、自身の報酬を大幅に削減し、従業員の最低年収を5万ドル(約500万円)に上げると発表した。

プライス氏はアイダホ州のソフトウェア会社『ChargeItPro』の買収後、オフィス移転に合わせて良いニュースを伝えようと、新しいオフィスへ訪れていた。

アメリカメディア『TODAY』によると彼はそこで、買収前は年収3万ドル(約300万円)以下が多数を占めていた同社の従業員に最低5万ドルの年収を保証すると告知したのだ。さらに毎年5000ドル(約50万円)の昇給を約束し、2024年までに最低年収7万ドル(約700万円)を目指すと断言した。

これに従業員は大喜びし、「ハイタッチやハグをしてくれた人達もいたよ」とプライス氏は同メディアに語っている。

 

 

プライス氏は2015年にも自身の報酬を100万ドル(約1億円)削減し、従業員の年収を最低70万ドルに上げたことに成功しているという。

彼がこうした大胆な決断を下したのは、お金と幸せが密接に結びついているという記事を読んだことが切っ掛けだったと話している。そして、昇給によって従業員の生活がより豊かなものになった状況を見て非常に嬉しい気持ちになったと語った。

「彼らは借金を返済して、通勤時間を短縮して、家族を作って、健康的なものを食べて、遠くへ旅行に出掛けたり飛行機のチケットを購入して親戚や友人に会いに行くことも出来るようになったんだ」

プライス氏はChargeItProの従業員を昇給させるため、今回も自身の報酬を「7桁分」削減したと明かした。彼は「正しい決断をした」とし、他の会社も同じ様な措置を取ることを願っていると話している。

関連記事

  1. 宿題を忘れた罰?子供に物乞いをさせた父親に非難の声
  2. イスラム教徒に対するヘイトスピーチで38歳男に有罪判決
  3. 観光客が裸で「無名戦士の墓」に侵入し批判が殺到
  4. 増える「女殺し」に女性達の怒りが爆発
  5. ニカブを着た乗客にバス運転手が「顔を見せろ」と罵倒
  6. カイリー・ジェンナーが唇を整形した本当の理由
  7. 学生を対象に公共交通機関の無料化が始まる
  8. 6歳の息子をナイフで刺した母親に懲役10年

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。