ANIMALS

【アメリカ】子猫を保護したと思った女性、よく見たらボブキャットだった

Source: Jill Masengale Hicks/Facebook

女性が車道に迷い込んだ子猫を保護し、帰宅後に子猫ではなく猛獣のボブキャットだと分かったというニュースが話題を呼んでいる。

アメリカ南東部テネシー州チャタヌーガで、夕食から車で帰宅途中だったジル・ヒックスさんが交通量の多い道路に子猫がいたことに気付き、車を停めて逃げ回る子猫をなんとか捕獲した。

「ようやく捕まえたと思ったら、車の中では暴れまわって、私に這いつくばってきたのよ」と、ヒックスさんは当時の様子を現地メディア『WDEF News 12』に語った。

帰宅したらシャワーを浴びさせて、一緒にベッドで寝ようと考えていたヒックスさん。さらに、子猫にアーウィンという名前も付けたという。しかし、自宅に戻り隣人に保護した子猫について話したところ、ボブキャットの子供(画像下)であると判明したのだ。

「ボブキャットだと分かってからは、シャワーも一緒に寝るのもやめた方が良いって思ったわ」

ヒックスさんはアーウィンを野生動物保護団体に預け、そこのスタッフからは獰猛なボブキャットの危険性について説明を受けたという。また、アーウィンは数か月間を同施設で過ごし、来年の3月頃に野生へ戻す予定となっている。

一方、ヒックスさんは「最初からボブキャットだと分かっていても同じように保護していたわ」と話している。

関連記事

  1. 【メキシコ】柵にぶら下がってヨガポーズ?23歳女性が転落し大怪我…
  2. 【イギリス】ユダヤ教徒をヘイトスピーチから救ったイスラム教徒の女…
  3. 【イギリス】ボリス・ジョンソン首相の父親「国民は教養がない」と侮…
  4. 【韓国】化粧品会社が”金正恩の核兵器マスク̶…
  5. 【韓国】アイスクリームのCMが「11歳女児を性描写している」と物…
  6. 【中国】65歳男性、カラオケの歌いすぎで肺が破裂
  7. 【ディズニー】実写版ムーランの予告編が初公開
  8. 【アメリカ】「韓国人が咳込むか不安」コロナウイルスのネタに非難の…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。