ANIMALS

動物園の高齢サイに落書きが カップルに批判が殺到

Source: Royan News/Facebook

フランス南西部シャラント=マリティーム県にあるパルミール動物園で、カップルとみられる客2人が自身の名前をサイの背中に落書きし、国内で大きな批判を呼んだ。

35歳という高齢サイの背中の両脇に「Camille(カミーユ)」「Julien(ジュリアン)」と爪で引っ掻いたような落書きが書かれていたのを園内スタッフが発見し、パルミール動物園は犯人に対する抗議声明文をメディアに公表した。

落書きはサイの皮膚上にある埃や砂などをなぞる様に書かれていたこともあり、除去作業は簡単に済ませることができたという。

パルミール動物園は抗議声明の中で「無礼な愚行に、我々は非常に憤りを感じている」と怒りを露わにしつつ、犯人への刑事告訴はしないとの意向を示している。

一方で、パルミール動物園では園内に監視カメラが無く、さらに動物が柵に接近した時は触れても問題ないとされており、こうした手緩いルールに対する指摘が相次いでいる。

関連記事

  1. 人身売買の被害女性を救ったタクシー運転手に称賛の声
  2. 大学教授、映画メリー・ポピンズは「人種差別的である」と指摘?
  3. エルパソ銃乱射事件 白人至上主義をテロ集団認定せよとの声
  4. 若手ラッパーLil Pumpがアジア系を侮辱し批判の的に
  5. コロナ禍で多忙な配達員の男性、誕生日ケーキを贈られて歓喜の涙
  6. マクドナルドが抽選で100万円相当のビッグマック指輪をプレゼント…
  7. 【訃報】全身タトゥー男「ゾンビ・ボーイ」が死去、自殺の可能性も
  8. 「BLM運動はテロ組織」 チーズ会社社長の発言に非難続出、不買運…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。