ANIMALS

動物園の高齢サイに落書きが カップルに批判が殺到

Source: Royan News/Facebook

フランス南西部シャラント=マリティーム県にあるパルミール動物園で、カップルとみられる客2人が自身の名前をサイの背中に落書きし、国内で大きな批判を呼んだ。

35歳という高齢サイの背中の両脇に「Camille(カミーユ)」「Julien(ジュリアン)」と爪で引っ掻いたような落書きが書かれていたのを園内スタッフが発見し、パルミール動物園は犯人に対する抗議声明文をメディアに公表した。

落書きはサイの皮膚上にある埃や砂などをなぞる様に書かれていたこともあり、除去作業は簡単に済ませることができたという。

パルミール動物園は抗議声明の中で「無礼な愚行に、我々は非常に憤りを感じている」と怒りを露わにしつつ、犯人への刑事告訴はしないとの意向を示している。

一方で、パルミール動物園では園内に監視カメラが無く、さらに動物が柵に接近した時は触れても問題ないとされており、こうした手緩いルールに対する指摘が相次いでいる。

関連記事

  1. 通行人に水をかける”ドッキリ”動画が批判…
  2. 国内初のゲイ・パレードが「子供を守るため」禁止に追い込まれる
  3. 危篤状態の老夫婦が病室で再会
  4. 12歳娘を350円で男に強姦させた父親を逮捕
  5. アメリカ人YouTuberが中国で大人気?「親中外国人」として注…
  6. IKEAが子供用ランチを無料で提供
  7. ビール醸造技術を用いて困窮者に炊き出し所を提供
  8. ビキニカフェの店員、”制服”が卑猥すぎる…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。