CELEBS

人気ブロガーがグレタ・トゥンベリさんを「痛い」と罵倒

Source: Reddit, Greta Thunberg/Instagram

アメリカはニューヨーク市で開かれている国連気候行動サミットで23日、各国首脳らに環境破壊や気候変動の責任を追及した16歳の少女グレタ・トゥンベリさんに、世界中から注目が集まっている。

「本当なら私は、学校にいるべきなのに、ここでスピーチをしなければならない」「あなた達は、私の将来を奪っている。今以上に裕福な暮らしを求めてばかりいて、経済発展が永久に続くものという夢物語を信じているからよ」

彼女の力強い演説に称賛の声が多数送られている中、トランプ支持者としても知られているシンガポールの人気ブロガー:シャーシュエ(Xiaxue=トップ画像左)が、彼女を「痛い」「見ていて恥ずかしい」などと自身のインスタグラムにて罵倒し、話題を呼んでいるのだ。

(上)トゥンベリさんを罵倒した文 Source: Xiaxue/Instagram

「うわ、この子超痛い」「見てるこっちが恥ずかしくなるわ」

シャーシュエは長文の中で、トゥンベリさんのような10代の子供達は社会問題の「表面部分しか知らない」と批判し、「世の中の仕組みを知らない馬鹿な子供の意見なんて、どうでもいいのよ」と一蹴した。

一方で、「でも私も子供だった時はそうだったから、あなた達を責めることはしないわ」と擁護するコメントも残している。

しかし、それでもシャーシュエは「世の中はもっと複雑なのよ」と訴え、「泣けば問題が解決するとでも思ってるの?もしそうなったなら、すぐ教えてちょうだい」と皮肉交じりに貶した。

こうしたトゥンベリさんに対する数々の暴言に国内外から批判が殺到しているが、シャーシュエは「過剰に反応しすぎよ」と、自身の発言を問題視していないようだ。また、批判の中には炎上商法だと指摘する声も出ている。

2000年代初頭から活動しているシャーシュエは、月間閲覧数150万以上という大人気ブログを運営し、インスタグラムのフォロワー数も60万以上と、シンガポール有数のインフルエンサーとして活動している。

しかし、身体障碍者や他のブロガーを罵倒したり、移民労働者に対するヘイトスピーチなどの不祥事を繰り返し、国内では論争を巻き起こす常習犯となっている。さらに2008年には、ブロガーのダウン・ヤング氏から侮辱罪で訴えられている。

関連記事

  1. 性的で子供に悪影響? 生理用品の広告が規制される
  2. 白人警官の射殺シーンを再現? 吹奏楽部の演劇が物議を醸す
  3. 11月5日は”赤毛を愛そうの日”? 最も珍しい髪色を称賛する試み…
  4. スターバックスが難民向けの就職フェアを主催
  5. 【映画】大ヒット作『グリーンブック』は何故白い目で見られるのか
  6. 黒人ヒーロー映画の評価を下げようと右翼系ネットユーザーが妨害行為…
  7. 白人警官が黒人男性をロープで繋ぎ連行する写真が物議を醸す
  8. LGBT+向けジムが極右団体からの脅迫を受け閉鎖に追い込まれる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。