ANIMALS

【アメリカ】殺処分間近だった高齢犬2匹を引き取った女性

Source: Ashville Humane Society/Instagram

アメリカ南東部ノースカロライナ州にある動物愛護センター『Ashville Humane Society(以下、AHS)』では、飼い主のいない動物達の里親を常時募集している。

生後間もない子供や健全な動物は引き取り手が多数いる中、高齢で健康上に問題がある場合は何か月も収容状態に置かれ、不幸にも殺処分されてしまうこともあるという。

そんなある日、同施設に来たレスリー・サックスさん(下記動画)が「この中で一番年を取っていて、一番長く収容されている犬は誰かしら?その子を引き取りたい」と尋ねてきた。

アメリカメディア『Inside Edition』によると、サックスさんは今までに50匹以上もの捨て犬達の里親になったといい、特に見過ごされがちな高齢犬の引き取りに尽力してきたという。

しかしサックスさんはAHSへ来る前、犬を新たに迎え入れる勇気が出なかったと明かした。彼女の飼っていたペットの犬が、つい最近亡くなったためだ。サックスさんの10歳になる娘は、同メディアに胸中をこう語っている。

「ペットを失った時は、本当に悲しかった。お母さんは強い人だと思っていたけど、ペットが死んだ時に初めて泣いている姿を見たわ」

しかし、捨て犬達の最期を一緒に過ごすことは「素晴らしいことだと気付いた」と、母親と共に同施設にいた2匹の高齢犬の里親になることを決意したと話した。

サックスさんが施設から高齢の犬2匹を引き取り、スタッフに見送られる時の動画が公式フェイスブックにて公開されている。

Every Shelter Pet’s Dream!

Today is the kind of day that every person who works in an animal shelter dreams about!!! 💜 Leslie walked through our front doors and said, “Which two dogs have been here the longest, with the most special needs? I’m here to take them both home with me.” 😲 We couldn’t believe it! We introduced Leslie to Sam (who had extensive medical issues, was with us for 6 months, adopted then returned) and Brutus (who has severe separation anxiety, was with us for 5 months, and was originally surrendered to be euthanized at 13 years old). We vowed to find these two amazing dogs their second chance, no matter how long it took, and TODAY was their special day TOGETHER! Leslie has a three story house and two acres of fenced-in yard where Sam and Brutus will spend their golden years. As she walked them to the car, Leslie talked softly to these two sweet souls, with their creaky joints and grey muzzles, who have been through so much hardship. She told both Sam and Brutus that they now had a family to love them for the rest of their days. And Leslie assured Brutus especially, who panics when left behind, that he would never spend another moment alone ever again 😍😭 (Leslie, you have a heart of gold!!!) There wasn’t a dry eye in sight as staff, board members and volunteers gathered to say a bittersweet goodbye to two of our favorite furry friends! Our Shelter and Adoption Center are so critically full right now that we are **waiving adoption fees for all dogs and cats over 6 months old through July 31.** Sam and Brutus didn’t have an adoption fee today… this is what PRICELESS love looks like! If their story has touched your heart, PLEASE consider adopting or spreading the word to help the homeless animals who desperately need our support! This compassionate community and all of YOU make happy endings like this possible. Sam and Brutus say thank you for their second chance. 💜

Asheville Humane Societyさんの投稿 2019年7月24日水曜日

こうしてサックスさんに引き取られた犬達は、健康の問題から何度も里親から返却されたサムと、殺処分寸前だったというブルータスだ。

13歳という高齢で、新しい家族の一員となった2匹は現在、「家庭に幸せをもたらしている」とサックスさんは同メディアに話している。

「サムとブルータスは、私の人生を変えてくれたわ。彼らがいることで私は今、とても幸せな気分よ」

動物達は愛した分を愛し返してくれると語るサックス家は、「今、あなたを必要としている捨て犬の里親になってあげてください。あなたになら出来るはずよ」と、引き取り手のいない動物達に救いの手を差し伸べるよう訴えている。

関連記事

  1. 【マレーシア】少女への体罰に母親が激怒 しかし世間は教師を擁護?…
  2. 【イタリア】不法移民が電車で国境を越えようとして、感電事故に遭う…
  3. 【アメリカ】「最も美しいアメリカ海兵隊」シャノン・イークとは
  4. 女子は「肩を見せている」だけで懲戒処分!?男子生徒が驚きの反撃に…
  5. イヴァンカ・トランプが政治活動に集中するため、自身のブランドを廃…
  6. 【ギリシャ】野良猫の世話をするアルバイトに応募が殺到!
  7. 【ヨーロッパ】最高裁判所が「家畜の非人道的な屠殺方法」を非難
  8. 【アメリカ】男がブラックフェイスで出廷「俺を黒人みたいに扱いやが…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。