HOT

【アメリカ】アジア系の白人至上主義者を逮捕 「ヒスパニック共は皆殺しだ」

Source: Heavy.com via NextShark

アメリカ東部メリーランド州出身の中国系アメリカ人の男が、数か月間にわたりスペン系の女性を脅迫していた疑いで逮捕・起訴された。

複数のアメリカメディアによると、逮捕された35歳のエリック・リン(トップ画像)容疑者は、フェイスブック上で「Jake Howard(ジェイク・ホーワード)」や「Eric A Schopenhauer(エリック・A・ショーペンハウアー)」という複数のアカウントを利用して、南東部フロリダ州出身のスペイン系の女性に150通にも及ぶ脅迫文を送り続けたという。

その中で浮かび上がってきたリン容疑者の人物像は、アドルフ・ヒトラーを神として拝み、非白人を敵対視する、白人至上主義者の姿だった。

リン容疑者の送信した脅迫文には、「神とヒトラーの名の下に、俺はお前らスペイン人とヒスパニック共を全員不法移民とみなす」「お前ら無能なラテン共が全員消えるまで、俺は絶対に中断しない」「お前の心臓をえぐり取りステーキのように食ってやる」などと信じ難いほど卑劣な表現で、被害者女性とヒスパニック系の人々を罵っていた。

更に、リン容疑者の逸脱した怒りはヒスパニック系のみならず、黒人・イスラム教徒・ユダヤ教徒にも向けられ、彼らを「浄化させる」などと発言した。

こうした数々の脅迫メッセージは数か月に及び続いた。そして、犯人は自身の勤めているレストランの常連客だったリン容疑者ではないかと推測した被害者女性は、警察に通報することを決意したのだ。

脅迫罪の疑いで逮捕状が発行されたリン容疑者は、住居先の北西部ワシントン州シアトルにて逮捕・起訴された。リン容疑者には最大で懲役5年の刑に科せられるという。

その後の調査で、リン容疑者は「Chris(クリス)」と名乗る人物に対し、被害者女性を誘拐してシアトルまで身柄を送ってほしいと、報酬付きで依頼をしていたことが分かった。

白人至上主義に染まった非白人が非白人を敵視し脅迫するというニュースは、その異常性から国内で大きな注目を集めている。

関連記事

  1. 【ペルー】Googleマップで夫が妻の不倫現場を発見!?
  2. 【中国】20年前に体罰を受けた元生徒が教師に復讐!?
  3. シャネルが「男性向け」コスメラインを新展開!
  4. 【中国】女性から現金を強奪しようとした男、”残高0元…
  5. 女優ガル・ガドットが「身体障害差別主義者」とネット上で非難される…
  6. 【ブラジル】人権大臣、アナと雪の女王は「子供達をゲイにさせる」と…
  7. 【韓国】美人女優、タイで絶滅危惧種の貝を捕獲し懲役5年の危機
  8. 【アメリカ】猛暑の中、8時間もペットの犬を車内に放置させた女を逮…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。