ANIMALS

雲南省の動物園が「パンダの糞」をお土産として提供

Source: Pixabay

中国南部雲南省・昆明市にある動物園が、パンダの糞をお土産として提供すると発表し話題を呼んでいる。

斬新なアイデアを考案したのは、山を開拓して造られた広大な敷地面積を誇る雲南野生動物園だ。

国内の動画サイト『梨视频(ペアビデオ)』は、園内にいるパンダのマオ・ヅーが今年で5歳の誕生日を迎えるため、省を挙げての記念祭の一環として糞の提供を始めたと報じている。

しかし、もちろん糞をそのまま商品化しているわけではない。紙製品に加工したり、消化されなかった竹の残り物を草花と一緒に琥珀に固めたりと、創意工夫が凝らされている。

 

 

Source: Pear Video

 

Source: Pear Video

 

Source: Pear Video

 

様々な形に変貌するパンダの糞に興味を抱く人々が続出するなか、同動物園は「贈答品として提供はするが、商品にパンダの遺伝子が含まれているため販売は出来ない」と話しており、ネット上では「お土産として提供するのなら、販売を禁止しても意味がないのでは」「パンダのクローンを心配しているのか?」などというコメントが殺到し、混乱を招いているようだ。

ササを食べるパンダの糞は繊維が豊富に含まれており、中国では2017年からトイレットペーパーなどの紙製品として再利用されている。

*同動物園で撮影されたペアビデオの取材動画はこちら:

 

関連記事

  1. トランプ支持者が10代少女に拳銃を突き付ける
  2. アジア系の家族を侮辱し炎上したIT企業CEOが辞職
  3. 男らしさ=暴力的?カミソリ会社の広告が波紋を呼ぶ
  4. 美黒かブラックフェイスか?モデルの信念に賛否両論
  5. 大量の男性器がビーチに漂着!?謎の生き物の正体とは
  6. 生徒が匿名で精神状態を伝える”チャート”…
  7. 韓国系ラッパーがコロナ差別を一蹴
  8. 通行人に水をかける”ドッキリ”動画が批判…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。