HOT

【中国】夏休みの宿題は「外国人と写真を撮ること」?小学校に批判が殺到

Source: Lioning Life

中国南部広東省・珠海(しゅかい)市にある小学校が、夏休みの宿題として「外国人5人と写真を撮る」ことを生徒に要求し、国内で大きな話題を呼んだ。

中国情報サイト『What’s on Weibo』によると、この宿題は英語科目から出されたもので、同校の教師は「外国人と触れ合うことで英語力を伸ばす」という理由で思い付いたと話しているという。

しかしSNS上では「子供達に外国人を崇拝するよう教えているようだ」として批判を呼び、「外国人が全員英語を話せるわけではない」「珠海市は外国人が少ないから難しいのでは」など宿題の問題点を指摘する声も多数上がっている。

中には、「地元住民と写真を撮って、先生にはこの人達は韓国人ですと言えば良い」などと不正行為を推奨するコメントもあり、多くの人がこの宿題を嘲笑していることが分かる。

更に中国の英字新聞『China Daily』の行ったアンケート調査では、回答者の65%が「宿題の内容に同意できない」という結果が出ているという。

一方で、英語に慣れ親しんでもらうよう模索した学校側の意図を擁護する声も出ている。中国では、英語の成績が良くても英会話の出来ない生徒が多いため、外国人との会話を促進するのは理に適っている、というものだ。

WOWによると、この宿題は「任意」であると学校側は説明している。やらなくても問題ないのであれば「英会話力を身に付ける」意義がなくなってしまうのでは?など疑問が残るが、そこは教師に任せるとしよう。

 

関連記事

  1. 【アメリカ】二酸化炭素を汚染物質から有効資源へ
  2. ドゥテルテ大統領「神の存在を証明できるのなら辞職しよう」と明言
  3. 【ブラジル】人権大臣、アナと雪の女王は「子供達をゲイにさせる」と…
  4. 【韓国】高級ブランドのBVGARIが着物とチマチョゴリを間違える…
  5. キム・カーダシアンが5歳の娘に縮毛矯正をかけてバッシングを受ける…
  6. 【中国】街の”債務者”を特定?地方裁判所…
  7. 【インド】学費は「プラスチックごみ」でOK?貧困児童への新しい教…
  8. リアルファーがサンフランシスコ市で販売禁止に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。