CULTURE

オーストラリア人シェフが「火鍋バーガー」を考案

Source: Taobao/YouTube

中国南西部・重慶市で今月、国民食である火鍋風味のハンバーガーが発売され話題を呼んでいる。アメリカのオンラインメディア『NextShark』などが報じた。

辛味の強い鍋料理である火鍋は、重慶市などの南西部ではソウルフードとして親しまれている。

そこに目を付けたオーストラリア人シェフのポール・テイト氏(トップ画像)が、同市のショッピングモールに出店している自身のハンバーガーショップ『Light’s Burger(ライツ・バーガー)』で「火鍋バーガー」を新発売したのだ。

Source: Taobao/YouTube

同市に来て4年経つというテイト氏は、国内最大規模を誇るECサイト『淘宝(タオバオ)』のインタビューにて「何か他にはないハンバーガーを作ってみたかった」と話している。

外国人シェフによって考案された火鍋バーガーは、カリカリに揚げたレンコンのスライスと火鍋風味のソースを浸したパテが特徴的だ。

中国情報サイト『shanghaiist』によると、新商品を購入した女性客は「最初は変わった味と感じたけど、食べていくうちに美味しく思えてきたわ。ユニークで面白いハンバーガーね」と感想を述べている。

関連記事

  1. ゲイの81歳牧師が他界、全ての遺産が27歳夫に引き渡される
  2. ミランダ・カーが第2子を妊娠
  3. オートバイ集団がサンタに変身!恵まれない子供達におもちゃを届ける…
  4. 「酒が飲めなくてイライラした」 アルコール中毒の母親が息子を殺害…
  5. 【アイルランド】有名観光地で留学生が死亡 ”自撮り”が原因か
  6. 野良猫の世話をするアルバイトに応募が殺到!
  7. 6月21日は「自撮りの日」!気になるセレブ達のセルフィーをご紹介…
  8. 中華航空の新CMが「旅のリアルを描いている」と話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。