CELEBS

【中国】アメリカ人YouTuberが中国で大人気?「親中外国人」として注目の的に

Source: Bart Baker/Instagram

アメリカ・トランプ政権が強行している中国との貿易摩擦が引き金となり、現在の米中対立は嘗てないほど悪化している状況だ。そんななか、あるアメリカ人YouTuber(ユーチューバー)が冷え込んだ両国関係を緩和させようと、中国エンターテイメント界に進出し注目を集めている。

「この貿易戦争は本当におかしいよ。僕の音楽が緊張を少しでも和らげることができるのなら、とても嬉しく思う」

動画共用サイトYouTube(ユーチューブ)で有名歌手のパロディ動画をアップロードし、そのクオリティの高さから根強い人気を誇っている33歳のバート・ベイカー(トップ画像)氏。しかし、チャンネル登録者数が1000万人超えという大物ながら、昨年末以降は1本も動画を投稿していない状況だ。どうやら彼は、YouTubeに対する不満を募らせているらしく、今年4月には同サイトのCEOに対し「なんでYouTubeはこんなに悲惨なんだ?」とツイートしたほどである。

そんな彼は現在、活動拠点を動画アプリ『TikTok(ティックトック)』に移し、「中国を愛しています」とのプロフィール紹介文と共に中国語で動画を発信している。昨年アカウントを作成して以来、既にフォロワー数は1000万人に達している。更に、中国国内で利用されている動画アプリ『快手(かいしゅ)』では500万人以上のフォロワーを得ている。

アメリカのYouTube界から突然姿を消したバート・ベイカー氏は、中国で「親中外国人」として大人気を博していたのだ。

「中国の人達には、アメリカ人が全員クズな奴ばかりだと思ってほしくないんだ」

こうしたアプリ内で彼は、中国の愛国歌を英語で歌ったり、アメリカ政府から強い圧力を受けている国内最大の通信機器メーカー:ファーウェイへエールを送ったりと、敵対する国の人物からの意外なラブコールに中国の人々は歓喜しているのかもしれない。一方で、「金儲けのために来ているだけじゃないのか」と、彼に対して不信感を抱いている人もいる。

香港の英字メディア『South China Morning Post』によると、バート・ベイカー氏は上海にある芸能事務所と近いうちに契約を結び、しばらくは中国に居住することを望んでいるという。

関連記事

  1. ディズニー・プリンセス達の”現在”を描い…
  2. 【アメリカ】”スポーツ精神”と”可愛らしさ”は両立できる 写真家…
  3. 【イギリス】同性愛カップルが男児に対する性的虐待で禁錮20年
  4. 【イタリア】繋がった太い眉毛を堂々と誇示する美女モデル その意義…
  5. 【香港】インスタグラマーが豆電球を機内に持ち込み批判が殺到
  6. 男子学生らが障碍者の女性に暴行を加えた後に写真を撮影し非難が殺到…
  7. 主人を愛して止まない難聴のペルシャ猫が話題に
  8. 【アメリカ】中間選挙に向けた民主党支持者の投票促進ポスターが物議…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。