HOT

【アメリカ】教員の同性婚を支持したカトリック系学校 イエズス会の警告を一蹴

Source: StockSnap/Pixabay 

アメリカ中西部・インディアナ州にあるカトリック系のブレボッフ・イエズス中等学校が教員の同性婚を認めたことで、州都インディアナポリスの教区から排除された。

アメリカのオンラインメディア『Huff Post(ハフポスト)』によると、インディアナポリスの教区を管轄する大司教(聖職の最高位)が発表した声明文には、全てのカトリック学校の教職員は聖職者であり、カトリックの教えを尊重し伝達しなければならない、と明記されている。しかし、カトリック教会では同性婚を禁じていることから、ゲイである教員の結婚を支持した同校をカトリック系として認めることはできないと判断したのだ。更に、学校名に「カトリック」を使用することを禁じ、同教区の学校登録名簿から同校を排除すると発表した。

同校はこうした処分を受ける前から、大司教区からの「(ゲイの)教員を免職するように」と警告があったという。しかし同校は、同性婚を理由に「非常に有能な教員」を解雇することはできないと話し、「(警告は)丁重にお断りした」と明かした。

また同校は本件について21日、公式ツイッターで以下のように見解を示している。

「私たちは本件について、とても悲嘆しています。しかし、カトリック・コミュニティーから現行で届いている支援や協力の声には、非常に感謝しています。私たちは今までもこれからも、独立したイエズス会のカトリック校であり続けます」

同校の決断に多くの支持が集まる中、再婚や死刑制度など同性婚以外でカトリック教義に反している素行を取り締まらないことは「言行不一致」であると、大司教区に対する厳しい指摘の声も出ている。

関連記事

  1. 「移民は欧州文化を破壊する」トランプ大統領が欧州への移民・難民流…
  2. 【アメリカ】白人の男子高校生2人が「黒人を再び奴隷に」と罵る動画…
  3. 【アメリカ】子猫を保護したと思った女性、よく見たらボブキャットだ…
  4. 【イギリス】「貧困は地方政府の責任」 内務大臣の発言が波紋を呼ぶ…
  5. 【アメリカ】Wi-Fiを巡り姉を殺害した18歳男に終身刑
  6. 【アメリカ】テキサス在住の女性が傷付いた蝶々の羽を直し、ネット上…
  7. 【アメリカ】娘の”キラキラネーム”を揶揄われた母親が反撃に出る
  8. 【シリア】20歳のラッパー、祖国を戦場に利用する勢力を批判した曲…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。