CULTURE

【アメリカ】「最も美しいアメリカ海兵隊」シャノン・イークとは

Source: Shannon Ihrke, Thomas Prusso/Instagram

世界最強と名高いアメリカ海兵隊。新兵は立派な兵士になるために、過酷なブート・キャンプで肉体と精神を鍛え上げられる。「男の中の男の世界」と呼ばれる中で、女性が活躍できる場は少ないと思われているだろう。

しかし、アメリカ海兵隊に所属している女性の数は全体の約8%を占めており、現代では女性兵士の存在は珍しいことではなくなってきている。そんななか、女性海兵隊の中でも取り分け美人でモデルとしても活躍しているシャノン・イークさん(トップ画像)が話題を呼んでいる。

今月初頭に出版されたアメリカ海兵隊のカレンダーに載ったことで注目を浴びたシャノンさんは、ミネソタ州出身シカゴ在住の30歳で、現在は女の子を妊娠中だ。イリノイ州とサウスカロライナ州の海軍基地に4年間駐留していたが、ファッションデザイナーである友人から「ランウェイ・モデルになってほしい」と誘いを受けてモデルの世界に飛び込んだという。

彼女はアメリカのニュースメディア『Inside Edition』のインタビューにて、軍人からモデル業界へ渡った時の心境をこう語っている。

「毎日、自分は男のようだ感じながら生きていたけど、その日に髪をセットして、ネイルもして、メイクもばっちり決めて・・・突然の変化だったけど、すごく楽しかったわ。まだ私の中に女の子がいたんだなって気付けたの」

シャノンさんは海兵隊に入隊したばかりの頃、「完全に場違いだと感じた」と当時は戸惑っていたと明かした。経済的に苦しい状況に置かれていたシャノンさんは、大学進学前にアドバイザーからの提案で海兵隊に入るも、ブート・キャンプに向かう途中の飛行機内では「何てことをしてしまったんだろう」と不安に苛まれていたという。

周囲からも疑いの目で見られる状況のなか、彼女は女性指導者からの助けを借りて日々奮闘し、自分の限界を超えることで新境地を開くことが出来たと、海兵隊に入隊したことの喜びを語った。

現在は自分のルーツに回帰しようと、馬の牧場を営んでいるシャノンさん。それでもモデルとして働くことは続けたいと話している。

関連記事

  1. 【イギリス】”イスラム教を捨てた”親戚の…
  2. 【香港】反政府デモで逮捕されたカップルが保釈中に結婚
  3. 【マレーシア】ポケモンの世界をマレーシア地図で再現
  4. 【ドイツ】ネオナチ系自警団が”難民対策”…
  5. 主人を愛して止まない難聴のペルシャ猫が話題に
  6. 【中国】生薬の需要増加でロバの乱獲と密輸が懸念される
  7. 【ドイツ】学生を対象に公共交通機関の無料化が始まる
  8. 【シンガポール】ゲーマー女子の「理想と現実」を再現した写真が話題…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。