HOT

「最も美しいアメリカ海兵隊」シャノン・イークとは

Source: Shannon Ihrke, Thomas Prusso/Instagram

世界最強と名高いアメリカ海兵隊。新兵は立派な兵士になるために、過酷なブート・キャンプで肉体と精神を鍛え上げられる。「男の中の男の世界」と呼ばれる中で、女性が活躍できる場は少ないと思われているだろう。

しかし、アメリカ海兵隊に所属している女性の数は全体の約8%を占めており、現代では女性兵士の存在は珍しいことではなくなってきている。

そうしたなか、女性海兵隊の中でも取り分け美人でモデルとしても活躍しているシャノン・イークさん(トップ画像)が話題を呼んでいる。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shannon Ihrkeさん(@shannonihrke)がシェアした投稿

 

今月出版されたアメリカ海兵隊のカレンダーに載ったことで注目を浴びたシャノンさんは、ミネソタ州出身シカゴ在住の30歳。現在は女の子を妊娠中だ。

イリノイ州とサウスカロライナ州の海軍基地に4年間駐留していたが、ファッションデザイナーである友人から「ランウェイ・モデルになってほしい」と誘いを受け、モデルの世界に飛び込んだという。

彼女は※メディア『Inside Edition』のインタビューにて、軍人からモデル業界へ渡った時の心境をこう語っている。

「毎日、自分は男のようだと感じながら生きていた。でも、その日は髪をセットして、ネイルもして、メイクもばっちり決めて・・・突然の変化だったけど、すごく楽しかったわ。まだ私の中に女の子がいたんだなって気付けたの」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shannon Ihrkeさん(@shannonihrke)がシェアした投稿

 

シャノンさんは海兵隊に入隊したばかりの頃、「完全に場違いだと感じた」と、当時は戸惑っていたことを明かした。

経済的に苦しい状況に置かれていたシャノンさんは大学進学前、アドバイザーからの提案で海兵隊に入るも、ブート・キャンプに向かう途中の飛行機内で「何てことをしてしまったんだろう」と不安に苛まれていたという。

周囲からも冷たい目で見られる状況のなか、彼女は女性指導者からの助けを借りて日々奮闘し、自分の限界を超えることで新境地を開くことが出来たと、海兵隊に入隊したことの喜びを語った。

現在は自分のルーツに回帰しようと、馬の牧場を営んでいるというシャノンさん。それでも、モデルとして働くことは続けたいと話している。

関連記事

  1. 【ディズニー】実写版リトル・マーメイドのアリエル役にゼンデイヤが…
  2. 「餓死か安楽死」 営業自粛で動物園が悲鳴
  3. 真冬を有効活用した”国際凍結ヘア・コンテストR…
  4. AIロボットが人事部長に? 管理職がロボットに奪われる時代到来か…
  5. 「アジア人は劣等種」 白人の男が罵倒するも逮捕されず
  6. 「ドレスが着たい!」 息子の言葉に父親は・・・
  7. プロポーズを断られた腹いせ? 女性をテロリストに仕立て上げる
  8. 「テロリストだ」 シク教徒の少女が虐めに対するメッセージを発信

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。