CULTURE

【イギリス】ダウン症の娘を罵倒する匿名ユーザー達に父親が激怒

Source: Neil Markham/Twitter

2児の父であるニール・マークハム(トップ画象右)さんは、イギリスはロンドン北部を拠点とするプロサッカークラブ『トッテナム・ホットスパーFC』の大ファンだ。彼は先月27日、対ウェストハム・ユナイテッド戦を観るため、娘のエラちゃん(トップ画像左)と一緒にサッカースタジアムへ来ていた。

結果はトッテナム・ホットスパーFCの敗北となったが、エラちゃんは気にすることもなく試合後にダンスを披露。しかし、マークハムさんが彼女のダンス動画をツイッターで共有したところ、同クラブのファンと見られる匿名ユーザーからの目に余る中傷コメントが多数投稿されたのだ。

エラちゃんを罵倒したり、果てはマークハムさんの染色体を批判するなど、匿名性を利用して好き勝手に人格攻撃をするツイッターユーザー達。こうした数々の誹謗中傷を受けたマークハムさんは、彼らに対する主義主張をこう唱えた。


「この子はエラ。彼女のことを美人と呼んでくれだとか、好きになれと頼んでいるわけではない。ただ、笑顔の耐えない彼女を他の人達と同じように扱ってほしいだけなんだ。彼女には、他人から罵声を浴びせられる正当な理由などない」

このツイートにはマークハムさんとエラちゃんを擁護するユーザーが続出し、同じ遺伝子疾患の子供を持つ親達からも支援の声が多数送られた。それでも治まらない匿名ユーザーからの中傷コメントに、父親は動揺を隠しきれず”Why?(何故だ?)のみ書かれたツイートを投稿。そして、彼らに自分と対面するよう促したのだ。


「君達は一体何がしたいんだ?エラは君達の幸せを願うこと以外、何も望んではいない。どうして、そんな風に振舞う必要があるんだ?隠れてないで、僕に直接連絡すればいい」

自分は娘を馬鹿にされるためにツイッターを始めたのではない、と言い切ったマークハムさんからは、画面の裏に隠れて所かまわず暴言を吐く匿名ユーザーに対する強い憤怒の念と諦めの気持ちが感じ取れる。

マークハムさんの匿名ユーザーに対する揺るぎない抗議の姿勢は、多くの人達から関心を集めた。ネット上での誹謗中傷や煽り行為に対して怒りや疑問を感じていた人達からは、支持と同調の声が殺到した。そしてこの件はツイッターのみならず、メディアからも注目を浴びている。オズワルド・アルディレスやハリー・ケーンなどのプロサッカー選手やニュースキャスター、更には女優を含む数千件以上もの支持声明が寄せられたのだ。

すると、2人を馬鹿にしていた匿名ユーザーらが突然、こぞってアカウントを削除。もしくはマークハムさんをブロックするなど、当初の威勢は完全に失ったようだ。

今回の騒動を受け、ツイッターなどのSNSでは複数のアカウントを作成できないように対策を打つべきだとの声も出ており、今後は匿名ユーザーによる中傷コメントを取り締まる制度の導入も現実味を増すかもしれない。

関連記事

  1. 大吹雪の中を自転車で通勤するスウェーデン国民
  2. 【イスラエル】各国リーダーが揃ってジョン・レノンの名曲「イマジン…
  3. 【アメリカ】白人警官の射殺シーンを再現?高校吹奏楽部の演劇が物議…
  4. 【アメリカ】フィギュアスケート大会でクラブ調の音楽を使ったパフォ…
  5. 【イギリス】ヨーロッパ横断旅行で”ブレグジット反対&…
  6. 【アメリカ】バーニー・サンダースがトランプ大統領の辞職を要求
  7. 上司に叱責された腹いせに爆破予告!?格安航空スタッフを逮捕
  8. 【オーストラリア】9歳の少女が国歌斉唱を拒否 人種差別的な歌詞に…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。