CULTURE

【アメリカ】「マックを持ってきてほしい」5歳の男の子が911番へ電話 警察官がデリバリーに対応?

Source: flickr

アメリカ西部ワイオミング州で先月、5歳の男の子が911番(緊急通報用電話番号)へ「マクドナルドを持ってきて欲しい」との電話をかけ、しかも対応した警察官が本当にテイクアウトを彼の自宅へ配達したというニュースが話題を集めている。

アメリカの地方メディア『WZZM』が伝えた。

イズィヤ・ホール君からの通報を受けた通信指令係のサラ・クベルスキーさんは、「それはできません」と返すも、ワイオミング州警察官のダン・パターソン氏に電話を引き継いだ。パターソン氏はイズィヤ君の健康状態を調べるため、彼の自宅へ向かうべきだと判断。その途中、ちょうどマクドナルドを横切ったことから、依頼通りデリバリーもしてしまおうとテイクアウトメニューを購入したのだ。

そしてイズィヤ君の自宅に到着したパターソン氏は、数回ドアをノックしても誰も出なかったため窓からノックしたところ、遂に彼と接触ができたという。パターソン氏はWZZMの取材にて「確かイズィヤ君が最初に言った言葉は、『おばあちゃんに怒られちゃうから、帰ってください』だったかな」と話している。

その後、パターソン氏は就寝中だったイズィヤ君の祖母が起きるまで家の中に滞在。そしてパターソン氏は、起床した祖母と共にイズィヤ君へ911番の正しい使い道を説明したという。

イズィヤ君は警察官からのスペシャル・デリバリーについて尋ねられた際、電話をかけたのは「面白いと思って」と語っている。しかし、彼の祖母によると、実際に警察官が家まで来て注意喚起を受けたことで、これからはもう緊急目的以外の電話はしないと話しているという

関連記事

  1. 【アメリカ】モンタナ州を訪れたトランプ大統領への辛辣なメッセージ…
  2. カミソリの製造会社が女性の体毛を賞賛する広告を打ち出す
  3. 【サウジアラビア】男性ユーザーが女性の位置を追跡できるアプリに非…
  4. 【イギリス】患者にニカブを取るよう言及した医師が解雇の危機に
  5. 【タイ】使用済みコンドームが用水路に大量発生 都内ホテルを摘発
  6. 【イタリア】高級ブランドGUCCIの商品が”ブラック…
  7. 下着ブランドが”理想体型”の多様化を促す…
  8. 【スイス】飼い猫が全身にスプレーを掛けられ3日後に死亡

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。