CULTURE

水深45m! 一般利用OKの世界一深い民間プールが今秋オープン

Source: Facebook/Deepspot

ポーランド東部マドフシェ県にある街ムシチョヌフ(Mszczonow)で、「世界一深いプール」ができると期待が高まっている新しい融合施設『DEEPSPOT(ディープスポット)』が話題を呼んでいる。

最も深い位置が45mと、一般的なビル15階分の高さに匹敵するほどだ。ディープスポットの公式サイトによると、プールは「ダイバーやアスリート達の練習場として最適」であると宣伝しているが、一般利用も可能と書かれている。

Source: Facebook/Deepspot

Source: Facebook/Deepspot

プールの体積は、一般的な25mプールの約30倍という広大な8000m3となる。

ディープスポットは融合施設として稼動する予定であり、建物内にはプール内部を見渡せるホテルや会議室、トレーニングルームも増設されるという。

また、水深5mほどの位置に透明のトンネルを設置し、一般人が中を通過できるサービスもあるらしい。

 

Source: Facebook/Deepspot

現在、「世界一深いプール」のタイトルを持つイタリアの『Y-40』という4つ星ホテル内にあるプールの深さは40m。今年秋にディープスポットがオープンすることで世界一の座を奪われてしまうが、実は今イギリスでディープスポットよりも深いプールが建設中だというのだ。その名も、青の深淵を意味する『Blue Abyss(ブルー・アビス)』。2020年に完成予定となるブルー・アビスの最深部は、なんと水深50mに達する。

とはいえ、ブルー・アビス完成までの約1年間は「世界一深いプール」の称号が与えられるディープスポット。また、ブルー・アビスは深海潜水装置のテスト利用や宇宙飛行士などの訓練施設としての機能を最優先させていることから、融合施設で一般利用が可能なディープスポットにより多くの注目が集まりそうだ。

関連記事

  1. 愛国心の強化?「行き過ぎた娯楽番組」の放映を禁止
  2. アジア系を狙った集団暴行を止めようとした男性、犯人に顔を殴られ重…
  3. 神秘的な黒人美女モデル達の姿
  4. シャネルがマスクと防護服の生産に着手
  5. ベトナム初のミセス・ワールドが誕生
  6. 「救世主ぶるな」アン・ハサウェイ、黒人を擁護したつもりが逆効果に…
  7. ビニールプールに子供を乗せて車を運転した母親を逮捕
  8. 保守系ライターが極左団体から暴行を受ける

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。