ANIMALS

【アメリカ】格闘家が日本のペットショップを「犬肉市場」呼ばわり?アジア系コミュニティーが激怒

Source: Twitter/Daron Cruickshank

アメリカ出身の総合格闘家であるダロン・クルックシャンク(Daron Cruickshank=トップ画像左)氏が11日、日本のペットショップと思われる場所で「ここは犬肉市場だ」と発言した動画を自身のインスタグラムに投稿し、波紋を呼んでいる。

問題となった動画は既に削除されており、本人のインスタグラムは非公開設定に切り替わっているが、総合格闘技用アパレルブランド『Dynasty Clothing(ダイナスティー・クロージング)』によって映像が露呈された。

“It’s just a joke, relax.” – Daron Cruickshank

Former UFC fighter / current RIZIN Fighting Federation MMA fighter Daron Cruickshank recently posted this video on his Instagram. He is shown mocking random strangers in Asia at a pet store – joking that they must be looking to eat all the dogs. Posting anti-Asian “jokes” to mock Asians while ironically being employed by Asian companies and while fighting / working in Asia is moronic, shameful, and wrong. When confronted by fellow MMA fans and fighters alike such as Nam Phan MMA on social media, all he had to say was “It’s just a joke, relax”. We are very relaxed, we just want to clear up some facts for the public in this post. For the record, if you travel anywhere in the world, different people from many different cultures including within Europe and Scandinavia also consume different animals such as dogs, cats, horses, whales, cows, seals, maggots, etc. – yet you won’t hear a single word about this in the media. Just because western media loves to highlight what small groups of people in Asia like to consume, doesn’t mean all Asians consume the same thing. People such as Daron contribute to the perpetuation of harmful stereotypes against Asians worldwide with his fanbase / online which should have no place in martial arts or the world. Himself a practitioner of Asian martial arts, while employed by Asian MMA companies such as RIZIN Fighting Federation – Daron has forgotten that without Asian people or culture – he wouldn’t even have a career in the first place. Let this be a reminder that people such as Daron who are openly disrespectful to the people and culture that made him, should not be rewarded. Take note, ONE Championship Victor Cui Chatri Sityodtong.

Dynasty Clothingさんの投稿 2019年4月12日金曜日

「日本の犬肉市場に来た」

「ここにいる人達は、今夜食べる肉をチェックしてるんだぜ」

「うまそうか?うまそうなのか?」

ペットショップに訪れていた日本人と見られるカップルを笑いながら撮影するクルックシャンク氏。しかし、彼らは英語を理解していなかったのか、または相手にしたくなかったのか、何も言わずにカメラに笑顔を見せるだけに終わった。それを見たクルックシャンク氏も笑い出し、動画はそこで終了する。

数秒間の短い動画だが、これにアジア系コミュニティーが激怒。クルックシャンク氏に対する批判が続出したのだ。「犬を食べて何が悪い」「白人も蝸牛や発酵させたニシンなどの気持ち悪い食材を食べるじゃないか」など、食文化の違いを巡る議論も勃発。また、クルックシャンク氏が日本の総合格闘技団体『RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン・ファイティング・フェデレーション)』の中量級選手として活動していることから、同団体の運営会社社長である榊原信行氏に彼を解雇するよう訴える声も出ている。

こうした批判が渦巻く中、当の本人が騒動について公式ツイッターを用いてこう釈明した。

「最近学んだこと。犬を食べるのは日本人ではなくて中国人だった。 #おもしろ動画 #おもしろ画像」

更に、収まらないバッシングの数々に彼は「あれは冗談だよ。落ち着いて」と発言。こうしたクルックシャンク氏の態度に、あるアジア系の男性は「笑えないし、人種差別を笑いの道具に使うな」と呆れた様子。

現時点でクルックシャンク氏から謝罪の言葉はなく、彼の雇い主である榊原社長からのコメントもないようだ。

関連記事

  1. 【イギリス】今年度開催のゲイ・パレード、参加費が昨年の倍に値上り…
  2. 【フィリピン】今年のミス・ユニバースはフィリピン代表!でも国内で…
  3. 【イギリス】VOGUE誌5月号の表紙は81歳の女優ジェーン・フォ…
  4. 「W杯に優勝したのはフランスではなくアフリカだ!」世界中からフラ…
  5. 【オランダ】AIロボットが人事部長に?管理職がロボットに奪われる…
  6. 【アメリカ】パレスチナ系の下院議員タリーブ氏が宣誓式に伝統衣装で…
  7. 【タイ】城壁に落書き 外国人観光客を逮捕
  8. 【イギリス】中国人を侮辱?アマゾンの商品が問題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。