FOOD

【アメリカ】ヘルシー志向の中華料理店を開いた白人女性、「中国文化を見下している」と批判を受ける

Source: Lucky Lee’s/Instagram

大都市ニューヨークに8日新しくオープンしたレストラン『Lucky Lee’s(ラッキー・リーズ)』は、アメリカ風中華料理に特有の「脂っこさ」や「塩辛さ」を極力減らした、ヘルシー指向の中華料理店だ。

しかし、オープン早々「ある言葉」が原因で多くの人々の反感を買う事態となったのだ。

食をテーマとしたオンラインメディア『Eater New York』が伝えた。

View this post on Instagram

Lucky You! You’re invited to the opening week of LUCKY LEE’S located at 67 University Place between 10th/11th Street. Get your chopsticks skills ready for Baked General Tso’s Chicken, Orange Cauliflower and Kung Pao Mushrooms. As luck would have it, we cook with fresh local veggies, pasture-raised chicken and grass-fed meat. Our recipes are made with less oil, non-GMO oil and no wheat, gluten, peanuts or refined sugar because we care about how you feel and we want you to feel great (and lucky!!) Can’t wait to see you starting Monday, April 8th 🥢🥟🎉 #bewell #luckyleesnyc #luckylees #newrestaurant #newyorkcity #feelgreatchinese 📷 @mark_roskams

Lucky Lee’sさん(@luckyleesnyc)がシェアした投稿 –

栄養士である店主のアリエル・ハスペル(Arielle Haspel)さんは、過去に健康上の理由で中華料理を嗜むことができない顧客に何人も会ってきた経験から、レストランのアイデアを思い付いたという。

そうして開店させたLucky Lee’sの宣伝文句は、「翌日の不快感やむくみを心配して、炒麺を食べるのを諦めてる?それなら、私たちの炒麺を試してみてね。オイリーすぎず、塩気も少ないわよ」というものだ。一見、特に批判を受けるような内容は書かれていない。

しかし、彼女がレストランの調理方法は「クリーンである」と公式インスタグラムにて発信したことにより、批判が湧き上がったのだ。まるで伝統的な中華料理が汚いものであるかのような表現に、インスタグラムユーザーの怒りは爆発。コメント欄はレストランに対するクレームで溢れかえった。中には、白人が中華料理で「利益を得る」ことは「文化盗用」であると指弾する者も。

店側はこうした炎上を受け、問題となった投稿を削除。後日、Lucky Lee’sのコンセプトについて釈明した声明文をインスタグラムに投稿した。

View this post on Instagram

The other day we received some negative comments on an Instagram post. Some of your reactions made it clear to us that there are cultural sensitivities related to our Lucky Lee’s concept. We promise you to always listen and reflect accordingly. A number of comments have stated that by saying our Chinese food is made with ‘clean’ cooking techniques and it makes you feel great that we are commenting negatively on all Chinese food. When we talk about our food, we are not talking about other restaurants, we are only talking about Lucky Lee’s. Chinese cuisine is incredibly diverse and comes in many different flavors (usually delicious in our opinion) and health benefits. Every restaurant has the right to tout the positives of its food. We plan to continue communicating that our food is made with high quality ingredients and techniques that are intended to make you feel great. Chef/owner, Arielle’s husband’s name is Lee and his life-long love of Chinese food was inspiration for the restaurant. The name Lucky Lee’s reflects the story of how the recipes were conceived. We also received negative comments related to being owners of a Chinese restaurant but not being Chinese. Owners Arielle and Lee are both Jewish-American New Yorkers, born and raised. Similar to many other Jewish New Yorkers’ diets, bagels, pastrami sandwiches and yes, American Chinese food, were big and very happy parts of their childhoods. New York is the ultimate melting pot and Lucky Lee’s is another example of two cultures coming together. To us, this is a good thing. We love American Chinese food and at Lucky Lee’s it is our intention to celebrate it everyday and serve great food. #luckyleesnyc

Lucky Lee’sさん(@luckyleesnyc)がシェアした投稿 –

「レストランのコンセプトに対し、文化摩擦による多くの反発がありました。私達は、常にお客様の声に耳を傾け、反映していくことを約束します。私達が料理に関して発言する時は、他店を言及していることはありません。自分のレストランのアピールポイントを発信する権利は、誰にでもあるはずです。Lucky Lee’sLeeは、レストランのシェフである私の夫の苗字から取ったものです。そして、お店は彼の中華料理への愛からインスピレーションを受けたのです。また、中国系以外が中華料理店を営むことに対する反発もありましたが、ニューヨークは文化の坩堝(るつぼ)と呼ばれる場所です。私達はユダヤ系ですが、小さい時から中華料理に親しんで育ってきました。2つの文化が融合することは、目新しいものではありません。私達はアメリカ風の中華料理が大好きで、Lucky Lee’sは中華料理の祝福を目的としています。」(※一部省略)

長文で批判に対する謝罪と反論を記載したハスペル氏。それでも反発の声は鳴り止んでいないようだが、「過剰に反応しずぎでは」などとレストランを擁護する人も多数出ている。

一方、気になるそのメニューだが、牧草を食べて育った牛肉やヴィーガン料理などが含まれており、中華料理ではあまり見掛けないオーガニックな食材が提供されている。

関連記事

  1. 【ドイツ】メルケル首相の後継人が「第三の性」を嘲笑し非難を浴びる…
  2. 【メキシコ】カンニング対策に段ボールを被らせる?親達が教師に激怒…
  3. ケンダル・ジェンナーがまた批判の的に?アフロヘアで”文化盗用”か…
  4. 【アメリカ】”先住民の行進”をトランプ支…
  5. 【フランス】シャネルがリアルファーや本革製品の製造を廃止
  6. 【アメリカ】M7.1の大地震が発生 しかしツイッターでは笑いのネ…
  7. 【グラミー賞】話題沸騰!カーディ・Bの豪華絢爛なドレスが凄い
  8. 【アメリカ】チャンネル登録者数80万人以上の人気ユーチューバー、…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。