HOT

トランプ大統領の愛娘、1週間で税金260万円を使用

Source: Instagram/tiffanytrump

トランプ米大統領の次女、ティファニー・トランプさん(Tiffany Trump=トップ画像)が費やした春休みの旅行代金が、財政資金から2万3000ドル(=約260万円)も支出されたていたと分かり、国内で批判が続出している。アメリカのニュースメディア『Newsweek』が伝えた。

今年の3月7日から16日までの1週間、ティファニーさんは個人で東欧の国セルビアへ訪れていた。あまりSNSを更新しない彼女だが、今回の旅行は楽しめたのか、セルビア語で「セルビアから、こんにちは」とのキャプションを付けた笑顔の写真をインスタグラムに投稿した。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Поздрав из Србије 👋🏻

Tiffany Ariana Trumpさん(@tiffanytrump)がシェアした投稿 –

 

しかし、それも無理はない。彼女がこの短期間で費やした金額は日本円にして約260万円と、セルビアにおける平均年収の約4倍というスーパーリッチな一時を過ごしていたのだ。加えて、これは日本の新卒平均年収の約1.2倍になる。

アメリカ国民の納めた税金を含む財政資金を使って、である。

一方、セルビアはヨーロッパ諸国の中でも特に物価の安い国として名高い。宿泊所の平均的な料金は、1泊約1000円から5000円ほどで済むはずなのだ。

それが何故、ここまで超高額となったのか?合計費用の内訳として、食費やショッピング代はもちろん、ホテル代と交通費、そして「シークレット・サービスの護衛代」が計上されているという。

護衛代は大統領の娘として、仕方のない支出かもしれない。

しかし国務省の提出した注文書によれば、セルビア随一の4つ星ホテル『Square Nine Hotel(スクエア・ナイン・ホテル)』へ宿泊したことが大きな要因であるとの見方が強いと、英メディア『Daily Mail』が報じている。というのも、ホテル代はティファニーさんの部屋みならず、同じホテルに滞在した警備員の宿泊代も含まれているからだ。

税金の私的利用にアメリカ国民は怒りが爆発。当然と言えば当然だ。

ティファニーさんがインスタグラムに投稿したセルビア旅行の写真のコメント欄には、「私たちが苦労して稼いだお金を無意味な遊びに使うな」「苦しんでいる国民の救済に使え」などと批判が殺到している。

しかし、ティファニーさんが財政資金を使用して個人旅行へ出掛けたことは今回が初めてではない。2017年にドイツの首都ベルリンへ旅行に訪れた際には、総額2万2000ドル(=約250万円)を費やしている。

 

関連記事

  1. 同い年なのに超対照的なキッズセレブの間に確執発生か?
  2. 19歳インスタグラマーが「私の残り湯」を販売!?しかも売り切れる…
  3. 人種差別による虐め認知件数が過去最大に
  4. 子猫を保護したと思った女性、よく見たらボブキャットだった
  5. ホームレスの少女達を騙して性的虐待、フランス人の65歳男を逮捕
  6. 人懐こいペットのカラス、アイリー
  7. 立入禁止の花畑で写真を撮る観光客に批判が殺到
  8. Googleマップで夫が妻の不倫現場を発見!?

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。