CRIME

チャンネル登録者数80万人以上の人気ユーチューバー、児童虐待容疑で逮捕される

Source: Panal County Detention Center/YouTube 

自分の養子を利用してYouTubeチャンネルを運営していた48歳の女が、児童虐待容疑で逮捕された。女のチャンネル登録者数は80万人以上と、多くの利用者から人気があったため驚きの声が多数出ている。

逮捕されたアリゾナ州出身のマッチェル・ハックニー(Machelle Hackney=トップ画像左)は、自身のチャンネル『Fantastic Adventures(ファンタスティック・アドベンチャーズ)』に7人の幼い養子を出演させて動画を作成していた。動画では子供達がスケッチをしたり、おもちゃの銃を使って遊び回るなど、家族向けと思われる内容のものが投稿されていたという。

しかし、動画の裏ではハックニー容疑者による子供達への惨忍な虐待が行われていたことが警察の捜査のもと判明したのだ。

警察の調書によると、お腹を空かせた子供達は栄養失調状態にあり、目の下のアザなど虐待の跡も確認されている。また、複数の地元メディアの報道によれば、子供達は警察に「何年も学校に行かせてくれなかった。動画撮影用のグリーン・スクリーン部屋で過ごす毎日だった」と証言。更に、子供達は台詞を間違えたり演技でミスをすると、ハックニー容疑者から性器を血が出るまで抓まれたり、催涙スプレーを噴きかけられる等の聞くに堪えない虐待に遭っていたと訴えている。

一方、ハックニー容疑者は容疑を否認しており、「軽めの体罰と数回の外出禁止措置しかしていない」と供述している。また、ハックニー容疑者の2人の成人した息子も「犯罪を見て見ぬ振りをした」罪に問われ逮捕されている。

YouTubeは警察の介入と捜査結果を受け、ハックニー容疑者のチャンネルを「ポリシー違反」と見なし解約処分を下した。

近年「ファミリー向け」を謳い文句に、子供を動画に出演させて親が運営・管理をする家族経営のYouTubeチャンネルに不祥事が相次いでいる。過去には『DaddyOFive(=子供5人のパパ)』というチャンネルを経営していた男女2人が、「いたずら目的だった」と子供を虐げる動画を投稿して警察に検挙され、チャンネル停止の処分を受けている。

関連記事

  1. 美黒かブラックフェイスか?モデルの信念に賛否両論
  2. 新型コロナ対策?ペットの犬を生き埋め、窓から投げ捨てる
  3. 非現実的な”美女の定義”に女性達が物申す
  4. クリス・ブラウンが強姦罪で告訴される? 本人は強く否定
  5. 大手ハンバーガー店がベジタリアン用メニューを新発売!
  6. 防弾少年団、「過激なファンが怖い」と告白
  7. 娘の”キラキラネーム”を揶揄われた母親が反撃に出る
  8. ロードレーサーが村人に処方箋と食料をお届け

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。