CULTURE

【タイ】父親主催「娘婿選抜オーディション」が2日で中止に?応募者の1人は「イケメンすぎてNG」

Source: Facebook

タイ南部チュムポーン県でドリアン農園を営む富豪、アーノン・ロドソング(Arnon Rodthong=画像上)氏は、美しい26歳の娘(画像上)を持つ父親でもある。

そんなロドソング氏が今月4日、娘の夫に相応しい適役者をオーディション形式で選抜すると自身のフェイスブック上にて公表し、世間の関心を引いた。しかしその2日後、ロドソング氏が突然オーディションの中止を発表し、多くの人の混乱を招いているのだ。

タイの英字メディア『Khaosod English』が伝えた。

Source: Facebook

41日に会おう。必要なものは持参して、私のドリアン農園で3ヶ月間働いてもらう。諦めずに最後まで働いた男が優勝だ。残り1人になるまでは期間を延ばし続ける。」

ロドソング氏がこう書き残したオーディションの内容は、実にシンプルなものだ。彼は「私の会社を継承し、来世まで存続させることのできる人(娘婿)が欲しい」と話しており、相手が自主的に現れるまで待てないと訴えているという。

そしてオーディションの優勝者には、1000万バーツ(約3500万円)・車10台・1軒屋、更には会社を継承する権利を贈与すると明言。目から鱗の豪華報酬に国内では大きな注目を集め、求婚者の数は瞬時に1万人に達した。

当の娘であるカーンシタ・ロドソングさんは、「私は選り好みはしないの。社交パーティに連れて行けて、一緒にセルフィーを撮ってくれる人ならOKよ」と話し、父親の斬新なアイディアに乗り気のようだ。

そんな中、オーディションの見物人らから絶大な支持を集めている28歳の男性にカーンシタさんも興味を抱いているようだが、彼に対してロドソング氏は「イケメンすぎる。浮気して娘を傷付けるから駄目だ」と一蹴。オーディションが始まる前から却下してしまうという事態に。

しかしそんな盛り上がりも束の間、開催宣言から僅か2日後の6日、ロドソング氏が突然オーディションの中止を発表。オーディションが注目を集めすぎて、彼の家族と会社に打撃を与えていることが理由だという。

それでも、いつか現れるであろう未来の娘婿に対する「報酬」は与えるつもりだと話している。

タイ社会に混乱を招いた今回の騒動だが、もしこのオーディション開催目的が「注目を集めるための宣伝行為」であったとするならば、法的処分が課せられる可能性も浮上していると現地メディアによって報じられている。

関連記事

  1. 【中国】オーストラリア人シェフが「火鍋バーガー」を考案
  2. 【ミャンマー】29歳女性、SNSにセクシーな写真を投稿し医師免許…
  3. 【イギリス】「文化盗用」? 有名シェフの新カクテル「白い芸者」が…
  4. 【イギリス】ブレグジットの討議中に議員が鼻糞を食べる映像が拡散!…
  5. 【台湾】全裸で閉店後のIKEAに侵入したYouTuberを逮捕
  6. 【YouTuber】 アメリカ版ざわちん「Jbunzie」とは?…
  7. 【アメリカ】9歳男児が先生に15ドルをプレゼント?教員の低賃金問…
  8. 【アメリカ】極右政治評論家の美女がオバマ夫人に物申す!?

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。