HOT

【アメリカ】トランプ大統領の息子がツイッターで大失態を晒してしまう?

Source: Instagram

 アメリカのトランプ大統領が6日、国の現状と今後の政策について自身の見解を国民に演説する『一般教書演説(State of the Union)』が開かれた。

そこでは与党の共和党のみならず、対立する民主党議員も多数出席。その中で、民主党の女性議員らが結束力を誇示するため、全員白いスーツを身に纏っていた。

すると、彼女らの行動に、トランプ大統領の息子であるドナルド・トランプ・ジュニア(Donald Trump Jr.)が目を付けた。というのも、「誰一人アメリカ国旗のピンを付けていないぞ」との批判を自身のツイッターで投げ掛けたのだ。

 

 

民主党女性議員らの写真を、「誰一人として、アメリカ国旗のピンを身に付けていない」という大きなキャプション付きで投稿したトランプ・ジュニア氏。確かに、三大教書とも呼ばれる政治界の重要な日に、白いジャケット姿の女性議員達は国旗のピンを付けていない。

しかし、この投稿に対してツイッターユーザーらが痛恨のミスを発見したのだ。

 

 

「誰一人として、アメリカ国旗のピンを身に付けていない」

トランプ・ジュニア氏の弟が過去に投稿したトランプ一家の集合写真を載せ、彼の矛盾点を指摘。1万件のいいね!に、3000件近くのリツイートを得た”しっぺ返し”には、多くの人達から称賛のコメントが寄せられた。

公式ツイッターで大失態を晒してしまった長男のトランプ・ジュニア氏。しかし、父親特有の暴言ツイートを真似るかのように、彼のツイートも誹謗中傷などの問題発言で溢れている。父親独自の表現を見習っているとなると、多少の”失敗”ではビクともしないかもしれない。

関連記事

  1. 【ブラジル】人権大臣、アナと雪の女王は「子供達をゲイにさせる」と…
  2. 【インド】プロポーズを断られた腹いせか 女性が「テロリストだ」と…
  3. 【アメリカ】殺処分間近だった高齢犬2匹を引き取った女性
  4. 【アメリカ】面識のない10代のシリア難民に暴行 26歳男を逮捕
  5. FIFAが性差別撲滅の一環として「美女サポーター」取り締まりに動…
  6. ファッションデザイナーが8歳のドラァグクイーンをモデルに起用し大…
  7. 【インド】露出狂を通報しSNSに現場を晒した女性が称賛される
  8. 【中国】法律が障壁に?実母を惨殺した12歳男児を不起訴処分

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。