CRIME

法律が障壁に?実母を惨殺した12歳男児を不起訴処分

Source: 秒拍

中国南部の湖南省で先月、実母を刺殺した12歳の男児を不起訴処分としたニュースが世界中で注目を浴びた。

中国メディア『新京報』が報じた。

Source: 秒拍

 新京報によると、殺された女性の遺体を発見した彼女の父親が警察に通報し、事件が発覚した。警察が現場に到着した時、女性の息子である12歳の男児が「母親は自殺した」と供述したという。しかし、後に男児が実母の殺害を認めた。警察の調べでは、犯行に及んだ動機は「タバコを吸っていたことを注意され、革ベルトで打たれたから」だと話している。

 しかし、強い殺意があったにも関わらず、男児は拘置所に入った3日後に釈放され、不起訴処分となった。中国の法律では、13歳以下の児童の刑事告訴が認められていないためだ。

中国国内では今回の事件以降、こうした少年法を非難する声が高まっており、重罪を犯した場合は児童であっても厳重な処分を講じるべきであるとの議論が活発化している。

関連記事

  1. ゾウ保護施設の「調教」が残酷であると非難される
  2. 【フランス】最新の調査で2人に1人が「幸せを感じている」という結…
  3. アメリカで流行中の「キツネ顔」、アジア人軽視であるとの指摘も
  4. 女性議員が赤ちゃんを抱えながら議会へ出席、その理由とは
  5. 小学校のオンライン授業中に女児生徒へ性的暴行、18歳男を逮捕
  6. EU最高裁判所が「家畜の非人道的な屠殺方法」を非難
  7. 野生動物の摂取・取引が禁止に?新型コロナ被害を受け
  8. 弟の治療費のために長ネギを販売する11歳の男の子が話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。