ANIMALS

絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕

Source: Pexels/Belle Co

フィリピンの人気リゾート地セブ島で先月、絶滅危惧種に指定されているアオウミガメを食用として販売していた売場の従業員5人が逮捕された。

フィリピンの英字メディア『The Philippine Daily Inquirer』が伝えた。

Source: The Philippine Daily Inquirer

屠殺されたアオウミガメのうち1頭には生態系保全用のタグが付いており、そこに記録されている情報によれば、マレーシアで保護された後に海へ帰されるも、フィリピンまで回遊した時に地元漁師らによって捕獲されたと見られている。

フィリピン国家警察と環境省の出した声明文によれば、アオウミガメはセブ島にあるバジル(Pasil)魚市場で発見された。この地域では精力剤としてアオウミガメを食す文化が根付いており、絶滅危惧種に指定された動物の密輸が後を絶たないという。

関連記事

  1. 「優等生だから」を理由に性犯罪者を保釈
  2. 外国語の店名は「国家威信を傷付ける」として取り締まりの対象に
  3. 脱北者が人生初の投票 テキサス予備選挙で
  4. 女子学生にスカート着用を強制することは違憲との判決が下される
  5. 米大統領選挙、争点に「肉の消費量」が加わる?
  6. アジア人のように振る舞えば差別されない? 大学教授の発言が波紋を…
  7. エマ・ワトソンが国内初のセクハラ相談窓口に寄付金を支出
  8. タイ反政府デモ、高校生が「厳しすぎる校則」に抗議

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。