ANIMALS

絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕

Source: Pexels/Belle Co

フィリピンの人気リゾート地セブ島で先月、絶滅危惧種に指定されているアオウミガメを食用として販売していた売場の従業員5人が逮捕された。

フィリピンの英字メディア『The Philippine Daily Inquirer』が伝えた。

Source: The Philippine Daily Inquirer

屠殺されたアオウミガメのうち1頭には生態系保全用のタグが付いており、そこに記録されている情報によれば、マレーシアで保護された後に海へ帰されるも、フィリピンまで回遊した時に地元漁師らによって捕獲されたと見られている。

フィリピン国家警察と環境省の出した声明文によれば、アオウミガメはセブ島にあるバジル(Pasil)魚市場で発見された。この地域では精力剤としてアオウミガメを食す文化が根付いており、絶滅危惧種に指定された動物の密輸が後を絶たないという。

関連記事

  1. 人気DJがホイットニー・ヒューストンの幻の楽曲をEDM風にリメイ…
  2. ケンダル・ジェンナーがまた批判の的に?アフロヘアで”文化盗用”か…
  3. 「婚約者がレイプされても子供の面倒を見ることね」財務相候補者の発…
  4. 独身の教師のみに付与される「愛の休暇」とは?
  5. 先住民の行進を白人高校生らが嘲笑う?
  6. 航空学校で中国人留学生が自殺 人種差別が原因か
  7. フェミニスト団体が裸でFacebookに抗議
  8. 女性から現金を強奪しようとした男、”残高0元R…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。