ANIMALS

絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕

Source: Pexels/Belle Co

フィリピンの人気リゾート地セブ島で先月、絶滅危惧種に指定されているアオウミガメを食用として販売していた売場の従業員5人が逮捕された。

フィリピンの英字メディア『The Philippine Daily Inquirer』が伝えた。

Source: The Philippine Daily Inquirer

屠殺されたアオウミガメのうち1頭には生態系保全用のタグが付いており、そこに記録されている情報によれば、マレーシアで保護された後に海へ帰されるも、フィリピンまで回遊した時に地元漁師らによって捕獲されたと見られている。

フィリピン国家警察と環境省の出した声明文によれば、アオウミガメはセブ島にあるバジル(Pasil)魚市場で発見された。この地域では精力剤としてアオウミガメを食す文化が根付いており、絶滅危惧種に指定された動物の密輸が後を絶たないという。

関連記事

  1. 新作カクテルの名前は「女を殺す」!?シドニーのバーに批判殺到
  2. ヨーロッパ横断旅行でブレグジット反対の軌跡を描くプロジェクトに挑…
  3. 再犯率2%以下?受刑者に学位を授与する支援団体とは
  4. 高校の警備員が生徒のバイクを見事に整理!SNS上で絶賛の声
  5. 農家の70代男性、家畜の豚に全身を食べられる?
  6. 「婚約者がレイプされても子供の面倒を見ることね」財務相候補者の発…
  7. 黒人差別撤廃運動を支持したベトナム系アメリカ人に殺害予告
  8. 【新型コロナ】移民・難民が医療従事者のヘルパーとして活躍

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。