HOT

ドイツで再生可能エネルギー発電量が石炭を上回る

Source: Pexels

2018年にドイツ国内で生産された総発電量における再生可能エネルギーの割合が、初めて石炭を上回った。

ロイター通信が報じた。

ドイツに拠点を置く欧州最大の研究機関であるフランホーファー研究機構(Fraunhofer-Gesellschaft)の発表によれば、風力発電、太陽光発電、バイオマス発電、水力発電を合わせた再生可能エネルギーの総発電量が約40%を占めたことが分かった。石炭は38%に留まり、2番手となった。

再生可能エネルギーの割合は、昨年より4.3%増という結果に。更に、8年前の2010年時と比べると約21%も増加しているのだ。

環境先進国であるドイツは、世界で初めて環境法を制定したことでも知られている。細かいゴミの分別はもちろん、地域で収集したゴミから生産された腐敗ガスを利用して暖房を動かしたり、公共交通機関の利用促進のために定期カードを発行するなど、官民一体となって環境対策を具現化している。

関連記事

  1. 額に「犯罪は金になる」の刺青 容疑者の顔写真に注目が集まる
  2. 「iPhone XSはサイズが大きすぎる」女性からアップルに対す…
  3. 防水スニーカーブランドが医療施設に靴とマスクを寄贈
  4. 「ブス」や「デブ」と言うと犯罪者に?国内の新法に称賛の声
  5. 弟の治療費のために長ネギを販売する11歳の男の子が話題に
  6. 中国系とインド系の新婚夫婦、結婚式は2つの文化を融合
  7. 夫婦が結婚式にライブ配信で出席?新型コロナ対策で
  8. 「自分を取り戻すため」妻との離婚を決意したゲイのモルモン教徒

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。