HOT

ネオナチ系自警団が”難民対策”として街中パトロールに繰り出す

Source: flickr/Elvert Barnes

 ドイツ南東部バイエルン州のアンベルク市(Amberg)で4日、極右政党『ドイツ国家民主党』から派遣されたというネオナチ団体が、難民から街を守るための”自警パトロール”に着手し話題を集めている。

現地メディア『Mittelbayerische Zeitung』によると、自警団が派遣された理由として「難民申請者であるイラン人とアフガニスタン人の男数名がアンベルクの住民に暴行を加えた」ことを挙げている。容疑者の男らは酒に酔った状態で地下鉄に入り、重傷1人を含む12人が被害に遭ったという。

バイエルン州知事のマルクス・ゼーダー氏(Markus Soeder)は本件に関して、以下のように声明を出している。

「アンベルクで発生した犯行には強く非難の声を上げるつもりだ。だが、極右団体がこの事件を悪用することは断じて許されない」

ネオナチ自警団は正義の名のもとにパトロールを開始したのは間違いないだろうが、ネット上では「ネオナチが街を徘徊している方が恐い」といった痛烈な反応も出ている。

ヨーロッパでは2014年の難民危機以降、ナショナリズムの拡大が深刻な問題となっており、ドイツ国家民主党などの極右政党の勢いが増している状況だ。

関連記事

  1. 「ファーストクラス風」の撮影スタジオ、インフルエンサー達に人気
  2. 75歳男性を転倒させた警官2人を停職処分、反発した57人が辞職
  3. 「移民は欧州文化を破壊する」トランプ大統領が移民・難民の流入を批…
  4. 他界した93歳女性「トランプに投票しないで」との遺言を残す
  5. トランスジェンダーの女性が地方議会議員に選出
  6. 黒人蔑視用語の使用でプロレーサーが出場停止処分に
  7. 中国系とインド系の新婚夫婦、結婚式は2つの文化を融合
  8. ミシガン州が家畜の平飼いを義務化

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。