HOT

【ドイツ】トランスジェンダーの男性が地方議会議員に選出

Source: Twitter

ドイツ南東部のバイエルン州で昨年10月に行われた地方議会選で、マルクス・ガンセラー(Markus Ganserer)氏が再選を果たした。

ガンセラー氏は今年、自身がトランスジェンダー(性同一障害)であることをカミングアウトし、ミュンヘンで開催された記者会見にはブロンドの桂に化粧をした状態で挑んだ。トランスジェンダーの男性が地方議会の議席を確保するのは、国内で初となる。

リベラル思考の強いドイツでは昨年11月、最高裁が「第三の性」を認める法改正を命じる判決を下したばかりだ。

ガンセラー氏は声明文にて、胸の内をこう語っている。

「性別の自認は人権の問題です。産まれた時に登録された性別の変更は認められるべきです。私は、遊びでこんな格好をしているわけではありません。女性になることを選択したのでもありません。」

“女装”をした政治家に対する賛否両論の声は聞かされるも、ガンセラー氏の決断に揺るぎはないようだ。2人の息子にも自身の性転換について説明したと話しており、理解してくれるように努めているという。

世界に目を向ければ、トランスジェンダーの政治家は過去にも議会入りへの道を切り開いている。2014年にはベルギーの緑の党ペトラ・デ・サター(Petra De Sutter)氏が、そして2017年にはアメリカでダニカ・ローム(Danica Roem)氏が地方議会議員に選出されている。

関連記事

  1. 【フランス】マクロン大統領が10代の時に書いたという官能小説が話…
  2. 【中国】危篤状態の老夫婦が病室で再会
  3. 【イギリス】エマ・ワトソンが国内初のセクハラ相談窓口に寄付金を支…
  4. 【スイス】飼い猫が全身にスプレーを掛けられ3日後に死亡
  5. 【イギリス】「文化盗用」? 有名シェフの新カクテル「白い芸者」が…
  6. 【イギリス】妊娠・出産した「男性」、父親として認められず
  7. 【アメリカ】”スポーツ精神”と”可愛らしさ”は両立できる 写真家…
  8. 【ニュージーランド】クライストチャーチ銃乱射事件 容疑者の74ペ…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。