HOT

飲酒抑制ポスターが「女性蔑視だ」と問題視される

Source: pexel/Isabella Mendes

 南ヨーロッパに位置するクロアチアで、政府による飲酒抑制キャンペーンのポスターが「女性を差別している」と非難が集中している。

英オンラインメディア『The Independent』が伝えた。

「ザグレブにある路面電車に貼られているこのポスター、明らかな女性差別だ。正気か?酒を飲む女性は誰これ構わず性的関係を持とうとするけど、男は違うって?哀れな奴だ。」

ツイッターユーザーのJay氏が、 問題となったポスターを公開。記載されていた文言は女性を軽視していると、厳しく追及したのだ。首都ザグレブに掲載されたこのポスターは、クロアチア政府が促進している、若者の飲酒を抑制させる目的で作成されたものだという。

なぜ、このポスターは批判を受けているのか?それは、深酒の注意喚起が女性と男性で異なっているためだ。

「過度の飲酒は、男性の生殖機能を衰えさせると同時に、性欲を抑えられなくなってしまう。そうして、自信喪失に繋がってしまう。」

男性に向けられた文言は、一見尤もらしい。対して、女性に向けられた呼び掛けはこうだ。

「(飲酒は)不特定多数との無鉄砲な性行為を犯す原因を作る。更に、月経周期や妊娠状態に悪影響を及ぼす。」

男性は「性欲を失い自信を無くす」が、女性は「見境のない性行為を犯す」という趣旨の言い回しが性差別的ではないかと、国内で物議を醸しているのだ。

しかし、『The Independent』によれば、ザグレブ市長のミラン・バンディッチ(Milan Bandic)氏はポスターの文言に誤りはないと主張しており、「(過度な飲酒による)リスクが男性にも及ぶことを無視している訳ではない」と、相次ぐ非難に対して真っ向から否定している。

関連記事

  1. バナナアレルギーの教師が生徒にバナナを投げ付けられ重傷
  2. 10年前に投稿したヘイトツイートで人気ブロガーに批判が殺到
  3. 黒人歌手に対する差別に反抗した大女優、マリリン・モンロー
  4. 人種差別による虐め認知件数が過去最大に
  5. 「世界を平和に」中華街でアジア人射殺予告
  6. 13歳男児が体罰を受けて死亡? 教師「宿題を忘れたから」
  7. 停止してくれた車に深くお辞儀をした男の子が話題に
  8. 大女優ナタリー・ポートマン、性被害を受けた過去を明かす

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。