HOT

【スイス】新しい経済大臣 は「英語スキルがお粗末すぎる」と非難が集中

Source: Federal Department of Defence, Civil Protection and Sport

スイス連邦会議の一員である、右派国民党ギー・パルムラン氏(画像上)が今月、連邦経済・教育・研究省の次期トップに就任されると報じられた。

しかし、スイス社会は新たな経済のトップに立つ政治家の「お粗末な英語スキル」に不満を隠せないようだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is image-1024x639.jpg

Source: Federal Department of Defence, Civil Protection and Sport

“I can English understand, but (フランス語を話し出す)I prefer to speak French for clarity.”

「私は理解英語できる、でも明確のためフランス語を話したい。」

これは、過去にパルムラン氏が英語スキルについて質問された際の回答だ。母国語はフランス語だが、お世話にも英語が上手とは言えない。各国の要人らと交渉のテーブルにつき、彼らと英語での対話が必須となる経済大臣としてあってはならないことだと、スイス社会では批判が相次いでいるのだ。

現地メディア『NZZ am Sonntag』の編集主任であるフランチェスカ・ベニニ氏は、パルムラン氏の低い英語スキルに関する記事を執筆し、「イギリスが欧州連合を離脱する際に最も高い障壁となるのは、貿易協定をパルムラン氏と交渉する時だろう」と、皮肉交じりに語った。

スイスでは過去にも要人の語学力を不安視する動きが見られたが、中立国という立場上、国際舞台での高いコミュニケーション力が強く求められており、高い英語スキルはこの国の政治家にとって極めて重要な能力とも言えるのであろう。

関連記事

  1. 【デンマーク】親に見放された子供をゲイのペンギンが保護
  2. H&Mが人種差別的な広告を出し、黒人コミュニティを激怒…
  3. D&Gが歌手セレーナ・ゴメスを「ブスだ」と批判!?
  4. 【インド】デリーの大気汚染、1日にタバコ44本分に匹敵
  5. 【アメリカ】親に愛されないゲイの子供達へ、母親達が「Free M…
  6. アメリカ人女性、トランプ大統領が嫌いすぎてイギリス国籍を取得か
  7. 【タイ】父親主催「娘婿選抜オーディション」が2日で中止に?応募者…
  8. キム・カーダシアン、3人目の子供は代理出産?

CATEGORIES

最新記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。