HOT

新しい経済大臣 は「英語スキルがお粗末すぎる」と非難が集中

Source: Federal Department of Defence, Civil Protection and Sport

スイス連邦会議の一員である、右派国民党ギー・パルムラン氏(画像上)が今月、連邦経済教育研究省の次期トップに就任されると報じられた。

しかし、国民は新たな経済トップの「お粗末な英語スキル」に不満を隠せないようだ。

 

This image has an empty alt attribute; its file name is image-1024x639.jpg

Source: Federal Department of Defence, Civil Protection and Sport

“I can English understand, but (フランス語を話し出す)I prefer to speak French for clarity.”(訳:私は理解英語できる、でも明確のため、フランス語を話したい)

これは、過去にパルムラン氏が英語スキルについて質問された際の回答だ。母国語はフランス語だが、お世話にも英語が上手とは言えない。

各国の要人らと交渉のテーブルにつき、彼らと英語での対話が必須となる経済大臣としてあってはならないことだと、国内では批判が相次いでいる。

現地メディア『NZZ am Sonntag』の編集主任であるフランチェスカ・ベニニ氏は、パルムラン氏の低い英語スキルに関する記事を執筆。「イギリスが欧州連合を離脱する際に最も高い障壁となるのは、貿易協定をパルムラン氏と交渉する時だろう」と皮肉たっぷりのコメントを残している。

スイスでは過去にも要人の語学力を不安視する動きが見られたが、中立国という立場上、国際舞台での高いコミュニケーション力が強く求められており、高い英語スキルはこの国の政治家にとって極めて重要な能力とも言えるのであろう。

関連記事

  1. トレーニングを口実に痴漢行為、女性コーチが助け船を出す
  2. 同性愛を讃えて歩行者信号がゲイカップル仕様に
  3. 「UAE通貨を侮辱した罪」でインド人の男を逮捕
  4. BLM運動の象徴である黒人女性の銅像が破壊される
  5. 外出自粛中も隣人同士でドリンクをシェア
  6. SNSで地元の飲食店を支援 コロナ不況のなか
  7. 末期癌の父親が1歳の娘に残した、19通の手紙
  8. 【香港】マクドナルドで結婚式!?「マクウェディング」が話題

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。