ANIMALS

親に見放された子供をゲイのペンギンが保護

Source: Pexels

デンマーク東部の都市オーデンセにある『Odense ZOO(オーデンセ動物園)』にて、親元から取り残された子ペンギンを同性カップルが保護したニュースが世界中で注目を集めている。

現地メディア『DR』が報じた。

 

 

親から見放されたと勘違い?

Pingvindrama: Unge genforenes med forældre

Nyt i sagen om den kidnappede pingvin! 🐧

Efter et døgn måtte vores dyrepasser Sandie gribe ind for at få ungen tilbage til sine forældre. Det udløste en kamp blandt de to pingvinpar, men som erstatning for ungen har Sandie givet de to hanner et pingvinæg, som de kan passe i stedet.

Nu er der igen fred og idyl i pingvinanlægget.😄

Odense Zooさんの投稿 2018年9月25日火曜日

 

子供への執着心が強いと言われているペンギン―。

オーデンセ動物園で飼育されていた母ペンギンが水浴びのため子の元を離れ、その後に父ペンギンが子を残してどこかへ行ってしまい、赤ちゃんペンギンが残されてしまったのだ。そんな1人ぼっちの子ペンギンを見かねたのか、ゲイカップルが子供を自分達の元へ連れて行ったという。

園長であるサンディ・ムンク(Sandie Munck)氏は、同性カップルが「夫婦は育児放棄をした」と判断して不憫に思い保護をしたのではないか、と話している。

動物園は両親が子供を探して戻ってこない限り、子育てを同性カップルに託すと決断。しかし翌日、母ペンギンがカップルに対し怒りをぶつけながら子供を取り戻す映像が、動物園の公式フェイスブックに投稿された。

オーデンセ動物園には、過去にも同性カップルのペンギンが別の親から産まれた子ペンギンを育てるケースが報告されている。また、2009年にはドイツ北部ブルーマーハーフェンの動物園にて、ゲイカップルが子ペンギンの孵化・子育てに成功したといったニュースが世界中を驚かせた。

 

関連記事

  1. 機内で「武漢から来た」と発言 28歳ラッパーを逮捕
  2. 先住民の行進を白人高校生らが嘲笑う?
  3. 子猫を保護したと思った女性、よく見たらボブキャットだった
  4. 飛行機のヘッドレストに足を乗せる迷惑客の写真が話題に
  5. 国王が交通事故現場に駆け付け、運転手を慰める
  6. 盗撮行為に対する大規模な抗議デモが実施される
  7. 家畜との性行為を拒否され農家に嫌がらせ 31歳男を逮捕
  8. 「内戦を目論んだ」疑いで極右団体メンバー12人を拘束

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。