ISSUES

【イギリス】外国人女性 「低い英語力」が原因で入国を拒否される?

Source: NextGen Traveller

8月にイギリスで恋人との挙式を予定していたメキシコ人の女性が、「英語力が移住ビザ取得レベルに満たない」として入国を拒否された。英オンラインメディア The Independent が伝えた。

英会話教師として働いている女性の英語力は十分高いと、カップルは弁護士を雇い内務省に対して訴えを起こしている。

 

 

担当者によってビザ発行の可否が決まる?

Source: The Independent

英会話教師のアレハンドラ・サンティアゴさん(画像左)は今年3月、婚約者であるイギリス国籍のピート・オヘアさん(画像右)との結婚式のために移住ビザを申請した。

しかし、通常は2ヶ月ほどでビザ発行可否の結果が出るのだが、このカップルは5ヶ月も待たされていたという。更に、長期間待機した後にカップルが待ち受けていたのは、「入国拒否」の連絡のみであったのだ。しかも入国拒否の理由が、サンティアゴさんの「低い英語力」と伝えられたという。

結果を聞いたオヘアさんは耳を疑った。彼は The Independent の取材に対し、「フィアンセの英語力は完璧だ」と訴えている。

「こんなの馬鹿げている。私の弁護士も、普通ならビザが発行されるはずだと主張している。どうやら、申請を受理する担当者によって結果が左右されているようだ。ビザを申請するには2000ユーロ近い高額を支払わないといけない。今じゃ弁護士代もかさんでいる。申請結果だって5ヶ月も待たされたんだ。」

カップルの弁護士は「サンティアゴさんの入国を拒否できる法的根拠はない」と話しており、イギリスの内務省は以前にも正統な理由なしに観光ビザの発行を拒否したことがあると指摘している。

 

関連記事

  1. 【イギリス】半分以上の学生が「大学進学より実習生の道を選ぶ」と回…
  2. 【韓国】スーパーマーケットが「賢いバナナの食べ方パッケージ」を発…
  3. 【フィリピン】女性が警備員の彼氏に突然プロポーズ!?
  4. 【インドネシア】ゲイ専門の出会い系サイトを運営していた男性2人が…
  5. 【インド】プロポーズを断られた腹いせか 女性が「テロリストだ」と…
  6. トランプ支持者が『アナ雪』ミュージカルを妨害?役者が怒り心頭
  7. トランプ大統領の娘がリベラル色の強いゲイ・パレードに参加
  8. 白人男性が尺八の演奏を披露するも、「日本文化の盗用だ」と批判が続…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。