HOT

セリーナ・ウィリアムズが審判の判断を「性差別だ」と批判

Source:

8月から開催されていたテニスの4大国際大会の1つである全米オープンが先週9日(日)、大阪なおみの女子シングルス日本人初優勝で幕を閉じた。

しかしセリーナ支持者らは、彼女が審判であるカルロス・ラモス(Carlos Ramos)氏から受けた数々の”警告”やペナルティが「アンフェアであり女性差別ともいえる」と強く非難しているのだ。

 

 

主審は男に甘い?プロテニス選手が怒り心頭

Source: GETTY IMAGES

女子シングルス決勝が終わり、大阪なおみが表彰台に立つと大ブーイングが沸き起こった。

これに大阪は涙を流し、「こんな結果となってしまって、ごめんなさい」と優勝スピーチで謝罪するという前代未聞の事態に。

しかし、テニスファンらは彼女にブーイングをしていたのではない。決勝の主審を務めたカルロス・ラモス氏のセリーナに対する「不公平な」対応が彼らを憤慨させたのだ。

試合中、何度かラモス氏に抗議の声をあげたセリーナは決勝後の記者会見にて、主審の判断に対する見解を述べた。

「私は、女性の権利向上のために戦います。私が「泥棒だ」と発言したことに対してゲームペナルティを取るのは、性差別だと感じざるを得ません。アリーザ・コルネがトップスを脱いだ時に反則金の支払いを命じられたことも、女性に対する差別的な行為でした。抗議の意思を隠さずに主張する強い女性達が受ける仕打ちには、ただ驚かされます。私は駄目でしたが、彼女達が意思を伝えてもペナルティにならない時代になればと願っています。」(一部省略)

主審に対する罵倒や悪態でペナルティを課せられるのはいつも女性であると、セリーナは強く主張した。

こうした彼女の見解を支持するネットユーザーも多数続出した。

 


「ジョコビッチもカルロス・ラモス主審と口論になったり、何度かルール違反をしたが、彼はペナルティを一切受けなかったぞ。」 

 

 


「セリーナが100%正しい。男子テニスの選手は喚き立てるようが、相手を罵ろうが、悪態をつこうが、何も罰を受けない。でも彼女はペナルティを受けた。 これは性差別だ。」

 


「アンドレ・アガシが主審に対して『クソ野郎が!』と罵倒している映像。セリーナ・ウィリアムズと大阪なおみには、何かあるとすぐペナルティを課すような主審はもったいないわね。」

セリーナ・ウィリアムズには現在、1万7千ドル(約170万円)の反則金支払い命令が下されている。

関連記事

  1. 「メリークリスマス」が差別用語に? クリスマスを巡り保守派とリベ…
  2. スターバックスが難民向けの就職フェアを主催
  3. 役員報酬を削減して従業員の給料を大幅アップ?その意義とは
  4. オートバイ集団がサンタに変身!恵まれない子供達におもちゃを届ける…
  5. 妊娠・出産した「男性」、父親として認められず
  6. 男子留学生1人に複数の若い女性?大学の新制度に批判が相次ぐ
  7. 観光客が裸で「無名戦士の墓」に侵入し批判が殺到
  8. 新型コロナ対策?ペットの犬を生き埋め、窓から投げ捨てる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。