ISSUES

【イギリス】外国人女性 「低い英語力」が原因で入国を拒否される?

Source: NextGen Traveller

8月にイギリスで恋人との挙式を予定していたメキシコ人の女性が、「英語力が移住ビザ取得レベルに満たない」として入国を拒否された。英オンラインメディア The Independent が伝えた。

英会話教師として働いている女性の英語力は十分高いと、カップルは弁護士を雇い内務省に対して訴えを起こしている。

 

 

担当者によってビザ発行の可否が決まる?

Source: The Independent

英会話教師のアレハンドラ・サンティアゴさん(画像左)は今年3月、婚約者であるイギリス国籍のピート・オヘアさん(画像右)との結婚式のために移住ビザを申請した。

しかし、通常は2ヶ月ほどでビザ発行可否の結果が出るのだが、このカップルは5ヶ月も待たされていたという。更に、長期間待機した後にカップルが待ち受けていたのは、「入国拒否」の連絡のみであったのだ。しかも入国拒否の理由が、サンティアゴさんの「低い英語力」と伝えられたという。

結果を聞いたオヘアさんは耳を疑った。彼は The Independent の取材に対し、「フィアンセの英語力は完璧だ」と訴えている。

「こんなの馬鹿げている。私の弁護士も、普通ならビザが発行されるはずだと主張している。どうやら、申請を受理する担当者によって結果が左右されているようだ。ビザを申請するには2000ユーロ近い高額を支払わないといけない。今じゃ弁護士代もかさんでいる。申請結果だって5ヶ月も待たされたんだ。」

カップルの弁護士は「サンティアゴさんの入国を拒否できる法的根拠はない」と話しており、イギリスの内務省は以前にも正統な理由なしに観光ビザの発行を拒否したことがあると指摘している。

 

関連記事

  1. 人気DJがホイットニー・ヒューストンの幻の楽曲をEDM風にリメイ…
  2. 【アメリカ】極右政治評論家の美女がオバマ夫人に物申す!?
  3. 【香港】反政府デモで逮捕されたカップルが保釈中に結婚
  4. 【イギリス】「テロリスト」「危険人物」シク教徒の少女が虐めに対す…
  5. 【台湾】全裸で閉店後のIKEAに侵入したYouTuberを逮捕
  6. 【カナダ】真冬を有効活用した”国際凍結ヘア・コンテス…
  7. 【スリランカ】女性の飲酒が合法になった数日後、また違法に逆戻り?…
  8. 【アメリカ】紛失された婚約指輪をニューヨーク市警が発見 公式ツ…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。