FASHION

【アメリカ】ノーブラで出勤したら解雇?20代女性が人権侵害を申し立てる

Source: Stabroek News

アメリカはブリティッシュコロンビア州にあるゴルフクラブで、ウェイトレスとして働いていた25歳の女性が上司から「ブラジャーを付けていない」ことを理由に解雇され、注目を集めている。

女性は解雇理由が性差別的であるとして、州の人権裁判所へ人権侵害の訴えを起こした。

 

 

女性にだけ下着着用の強要をするのは性差別?

Source: Global News

訴えを起こしたのは、「Osoyoos Golf Club(オスヨ・ゴルフクラブ)」にあるレストランで働いていた、クリスティーナ・シェルさん(画像上)だ。

3年ほど前から、不快感と健康への配慮を理由にブラジャーを付けない生活を続けていたシェルさんだが、レストランの客から「ノーブラの店員がいて不愉快だ」と、彼女に対するクレームが数件入ったという。

それを受け、レストランは女性従業員に対する服装の規制を強化。新しいドレスコードには、「女性従業員は制服の下に下着、もしくはタンクトップを身に付けること」と書かれており、規制に同意する署名をしなければ解雇される旨が記載されていた。

これを見たシェルさんは「解雇を避けるために女性だけ下着着用を強制するのは性差別だ」と、地元の人権裁判所へ起訴状を提出したのだ。

米メディアGlobal Newsが雇用主にコメントを要求するも、「従業員に関する情報は開示できない」との回答のみが返された。

シェルさんは条件を受け入れて辞職したが、レストランへ戻る気はないという。彼女は自分の職よりも、職場にある性差別の実態を世に広めたいと話している。

関連記事

  1. 【アメリカ】保守系ライターが極左団体から暴行を受ける
  2. 【ハロウィン】カーダシアン・ジェンナー姉妹がヴィクシー・モデルに…
  3. 【アメリカ】ヘルシー志向の中華料理店を開いた白人女性、「中国文化…
  4. 【ヨーロッパ】最高裁判所が「家畜の非人道的な屠殺方法」を非難
  5. 【アメリカ】黒人ヒーロー映画の評価を下げようと右翼系ネットユーザ…
  6. 【イタリア】不法移民が電車で国境を越えようとして、感電事故に遭う…
  7. 【アメリカ】マニキュアを塗ったことを揶揄われた息子のために、父親…
  8. キム・カーダシアンがアンチ達へバレンタインデープレゼントを贈る!…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。