CULTURE

【リトアニア】首都ヴィリニュスを「G-スポット」と揶揄した広告が問題に

Source: Sky News

リトアニアの首都ヴィリニュスは「ヨーロッパのG-スポット」?

ヴィリニュス市の開発庁が推し進める観光促進キャンペーンの広告が「際どすぎる」「不適切だ」と非難の声が集中している。

 

 

“誰もどこにあるのか知らないが、分かれば最高”

Source: Inter Nation

問題となった広告には、ヨーロッパの地図が描かれたシートに横たわっている女性がヴィルニュスの位置を強く握りしめて、「快楽」を味わっているような描写がされている。そして謳い文句は「ヴィルニュス ヨーロッパのG-スポット」「誰もどこにあるのか知らないが、分かれば最高」「#ヴィルニュスG-スポット」などと表記。

かなり大胆なこの広告は、ヴィルニュスを「シティーブレイク(特定の年の中で過ごす短期間の休暇)」として国際社会から注目を集めようと、広告学を専攻している地元の学生らが作成したものだ。

作成チームの一人であるユルギス・ラマナウスカ氏は地元メディアのインタビューにて、「ヴィルニュスのことを知っている人はとても少ないが、知ればその魅力に取り憑かれてしまう。それが女性のG-スポットと似ていると気付いたのさ」と、広告の意図を説明した。

しかしヴィルニュスは長年「風俗の街」というイメージが定着しており、この広告はそういった印象を助長させると地元の牧師らは警告している。

また、9月にローマ教皇がヴィルニュスを訪問する予定であることから、リトアニア政府は広告の公開を遅らせるよう指示しているという。

関連記事

  1. 【サウジアラビア】「女性と一緒に朝食を食べた」罪で男性が逮捕され…
  2. 【ロシア】国内初のゲイ・パレードが「子供を守るため」禁止に追い込…
  3. 新しいトランプ大統領の銅像は「排尿用」!?
  4. カミソリの製造会社が女性の体毛を賞賛する広告を打ち出す
  5. ジャスティン・ビーバーが地元カナダへ移住!?「アメリカを捨てた」…
  6. 通行人に水をかける”ドッキリ”動画を投稿…
  7. 【アメリカ】大嵐の中、ショッピング・カートを返却する老人の姿が話…
  8. メルケル政権が移民流入抑制案を打ち出す

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。