CRIME

虐待に耐えかねたモスクワ在住の三姉妹が父親を殺害

Source: Russia Today

ロシアはモスクワ市内で昨日、まだ10代の三姉妹が実の父親をナイフで刺殺して逮捕された。

警察の調べによると、犯行に及んだ動機は「父親からの虐待に耐えられなくなった」と話している。

 

 

虐待を受けてきた日常に終止符を打つ


Source: Extra Online

殺害されたのは、Mikhail Khachaturyan(ミハイル・ハチャトゥリャン)。遺体で発見された時は、身体に無数の刺し傷と血痕が残されていたという。

しかし警察が詳細調査を進めていくと、ハチャトゥリャン氏の娘に対する凶悪な虐待の数々が明らかとなった。

娘達への乱行は日常茶飯事であり、服で見えない箇所に集中的に暴力を振るい続け、身体はアザだらけになっていた。

外出する時は家にカメラを設置して常に彼女達を監視、さらに男友達を家に連れてくると癇癪を起こし、友人を追い出した後に娘を「売春婦」と呼んで罵倒を浴びせて「殺すぞ」と脅すなど、まるで自分の子供を奴隷のように扱っていたことが発覚したのである。

母親は暴力的な夫を恐れ逃亡し、娘達は母親との連絡を断つよう命令されていた。父親との性行を強要されたことも何度かあったという。

そんな劣悪な環境の中、娘達は「自殺を考えたこともあった」と語った。

父親を殺害した日、最初にナイフを手に襲いかかってきたのは父親の方だと姉妹は供述している。

 

 

父親はマフィアと関係を持っていたか

Source: CEN

事件を巡る裁判では、隣人や友人らが証人として証言台に立ち、ハチャトゥリャン氏の素性を暴露していった。

彼らは証言台で、「(ハチャトゥリャン氏は)横暴で支配欲が強い。麻薬中毒に陥っていて、マフィアとも関係を持っていた」と主張。

また、娘の友人の1人は現地メディアの取材に対し「彼女達は何も悪いことをしていない。悪いのは彼女達を虐待していた父親の方よ。彼を殺したのだって、自分達を守るために必要だった」と、姉妹を擁護する姿勢を見せた。

長女であるクリスティーナは逮捕時、「父親が憎かった。私達が唯一望んでいたのは、この人がこの世から消え去るか、始めから他人であってほしかったことです。この人が私達の前から消えて、一生戻ってこないでほしかった」と、警察に悲痛の叫びを語ったという。

有罪判決が決まれば、彼女達には最低10年以上の懲役刑が科せられる。

 

裁判の様子は一部、こちらから閲覧できる。

関連記事

  1. 「新型コロナはゲイに対する天罰」 宗教指導者の発言に波紋
  2. ホームレスを追い出そうとしたスタバ店員に批判が殺到
  3. 生薬の需要増加でロバの乱獲と密輸が懸念される
  4. LGBT+を支持した高校に対する誹謗中傷が続出
  5. 家畜との性行為を拒否され農家に嫌がらせ 31歳男を逮捕
  6. 結婚式に登場したキャバリアの子犬に視線が釘付け
  7. 陸上女子の金メダリストに「男性疑惑」が浮上
  8. 看護師が8歳の男の子に臓器を提供し命を救う

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。