CULTURE

現代のヒット曲をヴィンテージ風にアレンジさせた動画が凄い!

Source: postmodernjukebox.com

「現代風の曲」と言えば、ブリトニー・スピアーズ、アリアナ・グランデ、ザ・チェインスモーカーズ、アヴィチーなどアップテンポなメロディーが特徴的である。

対して、20世紀初頭に人気を博したジャンルはジャズ、ブルース、ソウル、R&Bなどの「オールディーズ(Oldies)」と呼ばれる音楽だ。

そんな対照的な音楽スタイルを融合させ、現代のポピュラーな音楽をオールディーズなどのヴィンテージ風にアレンジさせた動画を投稿するYouTubeチャンネルがあるのだ。

 

 

音楽カヴァー集団:Postmodern Jukebox

Source: postmodernjukebox.com

ジャズピアニストであるスコット・ブラッドリー(Scott Bradlee 画像中央)によって2011年に結成されたバンドグループ「Postmodern Jukebox(ポストモダン・ジュークボックス)」は、最新のヒット曲をヴィンテージ風のメロディに変えてカヴァーするという、異色のユニットだ。

彼らのYouTubeチャンネルの登録者数は400万人に迫る勢いで、アメリカやヨーロッパを中心に人気が高まっている。

ブラッドリー氏は公式サイトにて、グループ結成の理由を語っている。

「最近のポップ音楽は嫌いだったけど、そこから生まれるスタイルや文化が苦手なだけで、ポップスの曲自体には魅力が詰まっていることに気付いたんだ。人々がジャンルを超えて音楽を楽しめる、そのきっかけにないたいと思ったんだ。」

そんな斬新なアイディアを元に作られた、ヴィンテージとモダンミュージックのハイブリッド曲を一部ご紹介しよう。

 

ブリトニー・スピアーズ – Oops!… I Did It Again

 

 

カーリー・レイ・ジェプセン – Call Me Maybe

 

 

サム・スミス – Stay With Me

 

 

アリアナ・グランデ – Break Free

 

 

アデル – Chasing Pavements

 

 

エリー・ゴールディング – Burn

 

関連記事

  1. 「女性の胸は犯罪ではない」上半身裸の女性達が抗議デモ
  2. 「コロナウイルスだ!」アジア系の男性が暴行を受ける
  3. トイレットペーパーが可愛いケーキに変身!?
  4. 経済を支える移民労働者へ物資支援の呼びかけ始まる
  5. ネオナチ系自警団が”難民対策”として街中…
  6. 気合でコロナを撃退? 看護師の「ハカダンス」に批判殺到
  7. コロナ禍で多忙な配達員の男性、誕生日ケーキを贈られて歓喜の涙
  8. 「新型コロナはゲイに対する天罰」 宗教指導者の発言に波紋

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。